野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の熱海旅行 6

さて、ちょっと・・・というかカナーリ日にちがあいてしまいましたが
旅行の続きです。

熱海で泊まったホテルパイプの煙さんは
食事がすべてバイキング方式。

その種類も豊富で、バターロール、クロワッサン、トースト、ごはん、コーンスープ、ミネストローネ
お味噌汁、のり、目玉焼き、玉子焼き、スクランブルエッグ、温泉玉子、納豆、キュウリのお漬け物、
べったら漬け、おしんこ、フルーツサラダ、パインの輪切り、オレンジ、メロン、ウィンナー、ハム、
ベーコン、サラダ、温サラダ、生玉子、焼き鮭、焼きあじ、飲み物各種、アイスクリームにシャーベット
それとお決まりのプチケーキ。
静岡組のとしくんが、普段食べられないものを細かく、ひとつひとつたべてあじわっていました。
こんなに食べられるのか! と思うくらいプレートに並べていましたが
しっかり完食していたのに、みんな驚いていました。
東京組もまけずにお野菜フルーツケーキなどいっぱい食べました。

一晩お世話になったパイプの煙さんをあとにして、タクシーで熱海駅に向かい
この日は、1日800円で乗り放題の熱海観光ゆうゆうバスに乗って市内観光を楽しむ事にしました。
このバスは市内のいろんな名所を、バスでまわってくれて、中にはボランティアさんによる各所の
説明が聞けるのですが、これがまた楽しいというネットの情報で実際も大変楽しいものでした。

ただ
ただ

熱海の町は坂が多くて、道がクネクネしていまして

「はいっ次のところは右上を見てくださいね~。お城見えるでしょ。ここ。ここからが一番よく見えるところ
写真とるならここからね。はい撮影ターイム」
「バスはゆっくり進みますよ~。はい、ここの梅園花咲いてるのわかりますか? 熱海はお正月でも梅が見れる
この梅園は、昭和天皇が大変愛されたところで、ご幼少の頃はここですごされています。この先ね、ここはもう
建物取り壊されてしまったけれど、昭和天皇の皇后様のご実家があったところ・・」

右見たり左見たりと忙しかったので、ちょっと・・・ね。
昨日に続いて、ママンやられました。

前の日に熱海秘宝館の受付のおばちゃんが
熱く熱くすすめていた「七色のエスカレーター」のあるMOA美術館のところで
おりてゆっくり美術館の見学でもということになりました。

ところがいってみると、ここは宗教団体の施設で
静岡組は いいねぇ すばらしいねぇ と楽しめたようなのですが
ママンと小僧はかなり頭押さえ込まれたようになってしまって いやはやいやはや。
ここの美術館は大きくて立派なのですが、山の斜面に立っているために
やたらとゆるやかに階段が多くて、車いすだとまっすぐに進めずに
迷路のようなところをくるくるいかないといけません。
目の前に扉があって外に出られるのに、そこに車いすでたどり着くのにぐるーっと遠回りしないと
いけないのには閉口しました。
ふつうの人の三倍くらい歩いて、もうへとへと。
美術品を鑑賞する余裕もなく、外に出るのに精一杯でした。
外に出たところで、お茶飲むにも茶所まで階段でおまけにお汁粉一杯600円!
とにかく帰りの玄関でお土産物みながら、静岡組を待つ事に。

よーく周りを見て見ると、この山一帯その宗教団体のものでうへぇ・・・ってなっちゃいました。

ずいぶんお金持ちでいらっしゃる宗教団体様でした。

パスのボランティアおじさんがいっていた、
「エスカレーターの上がり下りに10分かかるので、
バスの時間に間に合うように15分ほど余分に時間をとっといてくださいね!」
これにもなんだかすごい無駄を感じた美術館でした。

ゆうゆうバスのボランティアのおじさんが、熱海の温泉の説明をしていた時に
熱海の湯は徳川将軍家がとても大切にしていて、ここから江戸城にお湯を運んだと
いっていました。
この温泉は、もちろん地下のマグマの力もあるだろうけれど
山がゆっくりと漉してくれる豊かな雨水のちからもあると思うんです。
熱海の頭に当たるあの山一帯をこういう形で壊されてしまったことで
熱海の湯に影響はなかったのかと思わずにいられませんでした。
こういうところは、きちんと国が管理して…(といっても今の政府ではあてにならないけど)
日本の財産として後世に残していかないといけないと思いました。
現天皇陛下だって、そういうものがなくなっていくのはおさみしいかと思うんです。
でも、そういう事は口に出していえないお方だから
そういうものはちゃんと国民がお心をくんでさしあげないといけないのでは?
なーんて思いました。

いくら貴重な美術品をたくさん集めて収めているといっても
宗教団体の所有物となれば、そうそう天皇陛下も軽々しく足を運ぶこともできないでしょうに。
スポンサーサイト

夢の熱海旅行 5

さて、ゆるゆると時間は過ぎて帰りの船の時間が近付いてきました。
なにしろ3時すぎるとぐっと寒くなる冬の午後。
そんなにゆっくりもしていられずに、次の船で熱海に帰る事にしていたのです。
次の船では、酔わないようにと旦那様が土産物屋さんでイカを買ってきてくれました。
知っていましたか?
酔い止めにはさきイカが効くんですよ~。

これは、こぞうの養護学校の先生に教えられました。
養護学校の生徒の遠足といえば、移動はバスで親は同伴。
もちろんいった先では、介護にあたらなければいけません。
それなのに、車酔いで動けなくなっていては困るのです。

そこでさきイカ。

養護学校の遠足には、必ず先生がさきイカを持っていて
酔いそうな人には「一口300回かむこと!」といってさきイカが渡されます。
おっと、今は支援学校ですか。まぁいっか。www
そしてバスの中でカミカミしていくわけです。
なんでもかむことで三半器官を刺激するんだとか。
それを小僧が覚えていて、旦那様と一緒にイカ探しにいっていたみたいです。

そして船酔いしやすい人は、なるべく揺れない下の階の乗り場がいいそうです。
とにかくいろんなことを想定して、万全を期して乗船したわけなのですが
帰りの海は、空が写りそうなほどの凪で波ひとつ立ちませんでした。
船はすべるように熱海に戻って、ママンも快適。
これも普段の行いがいいから・・・・・なんてこたーありません。w

でも海に感謝して、いつかまた! と宿屋の山の方に向かいました。

その日の宿は、パイプのけむり というホテル。

場所より金額で予約したところなので、ちょっといってみてびっくり。
わりと山の方で、車で来ている人がほとんどでした。
熱海の駅から1500円タクシーでかかるなら、ちっとそこらへんも考えるべきだったかなぁ
でも、お正月で一泊10000円はおいしいですものね。
それに今回はご招待もあったのでね。
部屋は洋室。トイレとバスはいっしょなのはお約束でしょう。
眺めも良し、ベットメイキングやゆかた、タオルなどの備品もいいなって思いました。
ついたら、すぐに男性軍は予約しておいた貸し切りの露天風呂に。

そしたら、洗い場が風の通り道になっていて寒くて外に出ていられないとかで
早々に出てきたようです。
ママンはお義母さんと「それなら大浴場にしましょう」と
貸し切り風呂すっぽかして大浴場で、ゆっくりあったまりました。

お夕飯はバイキング。

じつはママンはイマイチ、給食で並んで取っていくようなバイキングというのは
好きじゃありません。
慣れていないといったらいいか。
いえ、お尻が重いので、すわったら動きたくないというのがホンネ。
家ではあちこちせわしなく動き回っているので、こういう時くらいは~
なのですが、しゃーんめぃ。
お茶でも、アイスでも、コーヒーでもいれてきてあげるわい。
おかわりですか? まかせなさい。ってなもんです。はい

ママン家は肉を食べないので、おかずは野菜とおさかな。
煮付けがおいしかったな。あと甘えびのお刺身が。
それとケーキ類がおいしかったです。
ケーキはめったに食べられないので、いっぱいたべちゃった。
えへへへへ  別腹 別腹

ごはんのあとはひとつのお部屋で集まって
みんなでおしゃべりして10時頃各部屋に別れて眠りました。
楽しい1日でした。

夢の熱海旅行 4

さて、初島までの25分間久しぶりの船酔いに
早く着かないかなぁ
早く陸に降りたい
早くこのぐるぐるが止まってほしい
早くー

と思っていたママンでした。
人一倍心配性の旦那様は、
「ママン、遠くを見るんだ。波を見るなよ。
 寒くないか?
 ガマンできなくなったらはやめにいうんだぞ」

はぁ・・・出ました。

「ガマンできなくなったら早めにいうんだぞ」

この言葉何度いわれてきた事か。
しかーし、この壁は死守しなくてはいけません。
80すぎの老夫婦であるお父さんやお母さんに心配かけてはなりませぬ。
ましてや失態など見せてはなりませぬ。

火事場のくそ力で、なんとか初島の港まで持ちこたえたのですが
到着したら速攻で降りたい!! 降ろしてもらいたいと思っていたのに

初島行きのこのフェリー。
熱海で乗る時は二階からで、初島で降りる時は一階から。
船内で階段を下りて一階にいかないとならなかったのですが
車いすが降りれる幅がなかったんです。
そこで、二階から大型リフトを設置してもらって降りる事に。
お母さん、いっしょに車いすと乗ってください。ということで
なんだかどえらいことに・・・・・

思わず携帯で写真とるのも忘れて
くらくらしつつはいはいといわれるままにお願いしました。
たくさんの人たちが何ごとかを足を止めて、下から見上げています。
静岡組は下から降りて、大丈夫なのかい?? って顔して心配そうに見ています。

すると旦那様が車いすをつかんでくれて
いっしょに降りてくれました。
旦那様が痩せててよかったwwwwww

観光フェリーのみなさんは、とっても親切で力持ち。
よく見てみたら、熱海から島に届く宅配便とかもこの船で運んでいました。
帰りも島からの荷物をいっぱいのせていて
島の人の生活を垣間みたような気がしました。

かなり具合は悪かったものの、フェリーの人たちの温かさに触れて
気分は上々のママンでした。

しかし島に上がったものの、散策する元気がなくて
とうとう休ませてもらう事に。

港の近くには食べ物やさんがならんでおり
どこも新鮮でおいしそう。
熱海の方の料理やさんよりこっちの方が安めでボリュームがありました。
(写真やサンプルでは)
とにかくこの日は、風もなくあたたかで海岸には釣りしている人もたくさんいて
ボーッとながめているだけだったけれど、そんなに退屈はしませんでした。
お父さんも海の男気取りで、岩に立って海をながめていたり。w

いえいえ、もともとお父さんは海の男で、若かりしころの写真を見ると
こりゃ絶対各港に女こさえて、ぶいぶいいわせていたであろういい男っぷりでした。w
いまでもいい男です。いい男ですとも。
ちょっと耳が遠くなっただけで、補聴器つけて自慢のシャコタン車で
ちょっくら東京に来てしまうくらいの元気なお父さんです。
お母さんはちょっと歳で膝と腰が弱いので、歩くのもゆっくり。
おしゃれでお茶目なお母さんをお父さんはとっても大事にしていて
うちでは家事はほとんどお父さんの仕事にしているほど。

ママン家では旦那様は、殿ですが
なにかというといろいろいっしょにやりたがるので、親子してマメ男さんなんですね。

島でじーっとしていると、いつもは見過ごしてしまうようないろんな風景を見つける事が出来ます。

写真とれなかったけれど、初島ではところどころにちいさな屋根つきの猫のえさ場があって
なかにはドライフードがてんこもり。
なんでもねずみ対策で猫を保護しているんだとか。
よく日の当たる堤防には、ぷっくりふとった猫や、子猫をあやしているお母さん猫がのどかにすごしていました。
こんなの見ただけでも初島に来てよかったって思いました。

もっと奥に歩いていけば、リゾートアイランド初島を体験できたと思うのですが
このあとの船の旅にそなえて、体力を回復しておかなければならなかったので
海岸にあった公園の椅子の上で、ゆっくりさせて頂きました。

あとで調べてみたら、初島ではホテルで泊まるのは会員制なのでなかなかできないのですが
キャンピングカーでのお泊まりというのがあって、なかなか楽しめそうです。
今度これにしようかなっていったら
じーさんたちには無理!!!!
といわれちまいました。

だよね。
今度いつかうちらだけでもいってみたーい。
なにかしたいかって?
ハンモックでお昼寝ですよ。w

夢の熱海旅行 1

帰ってきました。
いってきました。
貫一お宮の熱海。
新婚旅行のメッカだった熱海。
10057751803.jpg



いやはや、こんな近くにこんなすてきなところがあったなんて
ちっとも知らなかったです。
もっともママンはまだうーんとわかかりしころに、写真の集配のバイトをちょこっとやっていて
熱海に現像所があったので、週1くらいでここにきていたのでした。
でもいつも熱海便の出発が午後9時頃なので、夜だったんですね。
こういうところはしっていたとは知らなんだ。w

さて、みなさんお待ちかねの、熱海秘宝館。
うちらも楽しみに、そりゃもう楽しみに、もっともっと楽しみに
めがねもしっかりはっきりくっきりみえるように、特別のめがねふきハッキリクリーンで磨き上げ
耳の穴もきれい時掃除したあげくに、ダンボの耳1.5をはめて、まず熱海についていの一番に
秘宝館へと続くロープーウェイの乗り場までタクシーでみんなでいったわけですよ。

乙女のはじらいを身にまといつつ
ちいさなこえで

「熱海秘宝館のロープーウェイまでおねがいします」

とつぶやいて。。。。

そして、そしていってみたら!!!!!!!

ロープーウェイ乗り場まで階段で20段くらいあるんですよ。

「あのくらいなら大丈夫~つかまってあがれるよ。」

よし、よくぞいった。我が息子。
だてにもうひとつの息子を股間に持っているわけじゃないな。
きっとそっちの息子も見たかろうて。
素直で大変よろしい。

そしてみんなでわいわいと切符売り場へ・・・・・・

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ふっふっふっ。
そんなにかんたんにおいしいところを語るわけには参りませぬ。
やっぱり、はじめっからいかないと。
はじめっから。ww

この日は朝からいいお天気。
朝は冷えたけれど、冷えなんて何のその。
ママン家は五時起きで、朝食におせちとモチかっくらって
10時03分発の岡山行き新幹線ひかり号に乗るべく、東京駅にむかったわけです。
東京までは小僧のタクシー券を使って、タクシーで。
家で電話で呼んだところ、まだお正月の8時30分ということで、どこもタクシーありませんとの答え。
しかたないので、流しているのに乗りましょうと、尾久橋通りをてくてく歩いておりますと
すぐにむこうから空車がやってきてくれました。ありがたや~
すくっと乗って東京駅まで。
運転手のおじさんもいい方で、気分良くスタートが切れました。

今年もいい感じのお正月がすごせそうです。

頭の中は、もう秘宝館でおなかいっぱいです。
はい

今年の家族旅行は熱海に一泊

新年、あけましておめでとうございます。
みなさまのお陰で昨年も無事に、楽しい年を送る事が出来ました。
ありがとうございました。
今年もどうぞふつつかなブログですが
よろしくよろしくお願いいたします。

2011年もあけて、今日は二日の早朝です。
年末年始のままん家は、女手が一人なのでたいへん。
なにせおせちみんな手作りですからっ

そして、うちはいつも2日におとうちゃん(旦那様)のふるさと静岡に帰るのです。
が!
ことしは静岡のじっちゃんばっちゃんと一緒に住んでるとしくん三人を
熱海に一泊ご招待してみんなでお正月楽しんでしまおうな計画なのです。
じっちゃんばっちゃんが元気なうちに、楽しいところにいこうじゃないか!

ということで、今年は・・・・へっへっへっ

熱海秘宝館へ。あのうわさの群馬の珍宝館には負けるけれども
話によるとなかなかどうして。
静岡組も大乗り気で、話の分かるみなさんです。

ということで、今日から明日にかけてママンの熱海珍道中。
お天気も良さそうなので、ここはひとつ大いに笑ってきたいと思います。

ではでは お土産話をお楽しみに~wwwww

101209_1814~001
あたいはお留守番ですよ。

荒川アンダーザブリッジ

こんにちは。お久しぶりです。
みなさんお元気でしたか?

ママンは元気です。
さて、今日は月曜日の夜中に放送中ということの
アニメの荒川アンダーザブリッジについてお話ししようと思います。
このアニメ、なかなかおもしろくて癒されます。

ストーリーとしては、奇抜な橋のしたの住人が繰り広げるラブコメディといいましょうか。
この現場をよーくよーっく知っているママンからいわせると
ネタの宝庫。

ママンは実際にここで釣りをやっていた釣り師ですw
今でも荒川に釣り糸たらせば10分以内にハゼくらいはつり上げられる自信があります。
そのくらい荒川土手に詳しかったりします。
だからあの物語の設定がよくわかります。
実際に橋のしたでは畑を作っている人がいたり、鶏を飼っている人もいます。
さすがに羊や牛はいませんがw

橋のしたのブルーシートで覆われた部屋の中には、実際なかなかどうして
すんばらしいマットレスにふかふかお布団がしかれてあったりいたします。w

ドラム缶風呂はないですが、野球場の水道についているレモン石けんで頭洗っていたりしていますし
捨てられたワンコたちを保護して、番犬にしている住人もいます。

でも、一番大変なのはなんといっても台風などでおこる集中豪雨です。
荒川は土手のしたに、野球のグランドやゴルフ場があるのですが、大雨がふりますと
がっつり沈みます。まるで沼のようになります。
葦の合間にお家を持っている人は床上浸水間違いなしでしょう。

荒川はお魚がけっこう釣れます。手長エビもつれますしアメリカザリガニもたーっくさんいます。
その他にもアヒルやバン、カルガモやおしどりなんかもいます。
このバンは黒いガチョウのような鳥で鳴き声がやかましい。w
てもこのヒナはむっちゃくちゃかわいいんです。
鳴き声はピヨピヨ。
不思議ですよね、鳥のヒナってみんなピヨピヨなんです。
でもオトナになるとそれぞれの声になります。
きっと子供はかわいらしく愛らしく神様が作られたんでしょうね。
カルガモのちびちゃんもかわいい。

土手にはいろんな動物がいます。
少しずつ紹介していきましょう。
菌成人もいるのかな?wwwww

なっち

こんにちは
いつもブログの応援ありがとうございます。

この間の金曜日はどんちゃんの49日。
今までどんちゃんベットを置いておいて、そこに毎日半分におったお線香をあげて
どんちゃんに話しかけていましたが、その日でひとくぎりつけて
どんちゃんのベットをお炊き上げして、むこうに送ってあげました。

どんちゃんにお線香をあげる時に、お水もあげていたのですが
はじめの頃はお水が減っていたりありました。
途中までは、ふつうに部屋に箱が置いてあるのに他の子たちが入ることはなかったので
どんちゃんがいるんだね。
と話していたのですが、5月15日を境に小夏ばあちゃんが箱に入って寝るようになっていました。
どんちゃんのかげがうすくなって、きっとむこうの世界へつぎにうまれる手続きにいっているのかなって思っていました。
小夏も歳なので常駐ベットが欲しいのかなと、どんちゃんべっとをお炊き上げしたあと
同じベットを作って同じところにおいておいたのですが、見向きもせず!!!

なっちー(小夏のこと) あんたどんちゃんの影が薄くなったと思って
追い出していたでしょ。んもーーーー!!!

そうなんです。うちのなっちばあちゃんは外面は激しくいいくせに
うちの中では、強いやつには脱兎のごとく逃走、弱いやつには容赦なしw
小さい時にあっくんやみーちゃんはなっちにとことんやられた口なのです。
なので、あっくんが元気なときはあっくんの逆襲にあい顔をあわすと
「あうあうあうあう」と顔を斜めにして(これがおかしいw)怒られるので
すぐ逃げていくのです。

あっくんがいない時、外猫の侵入に忙しいレビがいないことをいいことにみーちゃんをいじめまくり
「やっとあたしの天下だよ。」といわんばかりのいきおいでした。
なっちが留守の時に、あっくんが帰ってきて部屋の中にいたのを見て、なっちは速攻で逃げていきました。
もうその姿に家族みんなで大笑い。なっちの3日天下といわれています。w

うちの猫の力関係は あっくんが一番力が強いのですが、あっくんはみーちゃんにめろめろなので弱い。
なっちはそんなことであっくんに弱いけどみーちゃんにつよい。レビはみーちゃんは母だと思っているしあっくんにーちゃん大好きなので、あっくんがなっちと戦うときは応援に行く。みーちゃんがいじめられているときはあっくんを呼びにいくw なっちがレビをいじめようものならレビ容赦なし。
レビの戦い方は、ふつう猫ってガンつけあってあうあういいながらじりじりと戦うんですが、レビはハンターなのでにらみ合いの間もとらず、ひらりと来て胸元に入りいきなりのど元にくらいついて
「このまま牙たてるのがいいかな? どうするかな?」
と下から睨みつけるので(コワー)さすがのなっちも降参です。後ろ足キックなんかできないくらい気道を強くくわえているのか、だいたい相手は声も出せません。
ここでも かわいい顔してババンバーン なレビです。
しかしレビは犬がダメで、脱兎のごとく逃げていきます。
なっちは平気。犬を見ると先方がよければ友愛していますw

あっくんはなっちの前では、足の不自由なところを極力見せません。
なっちをみるとすわってガン飛ばします。なっちはそれで退散。
みーちゃんとあっくんはほっとしてレビは「おっかける? ねぇおっかける?」とわくわく。
レビはなっちのことなめきっています。ww

なっちははじめ、お年寄りの家にもらわれるということで、人をこわがらない子に育ててください。
というリクエストもらってそれなりに育てた子だったのですが、突然もらえなくなったということでしょうがなくうちの子になった猫ですが、小さい時に厳しくしなかったぶん集団についていけず、わがままっ子世にはばかるな猫です。おおよそママンがいやがることをのうのうとやってくれる問題児です。w
新聞読めば上にのる。魚を食卓から盗み取る。買い物かごから生ものをあさる。ママンの頭の上からゲーをする。
なっちのゲーあびたのなんて10回20回じゃないです。
横になっていれば、腹の上にダイブするわ、怒るとひどいひどいとわめきちらして外の人が虐待しているんじゃないかと勘違いする始末。

てめーっ!!と思わずいってしまうなっち。長い付き合いでもう16歳。もう歯もみんな抜けて咬むというよりくわえてのみこむ食いしん坊。でも元気だわ~
憎まれっ子世にはばかる なのかしらね。

家族のみんなはなっちとママンはいいコンビだとかいっています。
きょうも納豆食べてそこらへんべとべとにするなっちです。

納豆食べたあとすぐに毛繕いしないでぇぇぇ。
糸ひきなっちになるでしょがっっ

これはすごい!!

ちょっとミクシーのマイミクさんのところで見かけた動画です。
これってほんとなのかしら????



ホントだったらすっごーい。

さて、どんちゃんのお世話で、毎日激忙しいママンです。
うーんと、これはわざとでなくて、どうやら生まれつきそれやっちゃうみたいなこととして
本気で他人とか別のものを治してあげようとすると、無意識で移し身の術みたいなものを使っちゃうところがありまして、どんちゃくの皮膚ががんがん良くなるかわりに、ママンに湿疹がwww
かいせんがうつったかと医者に行ったら、そうでなくて突発性の湿疹といわれたのですが、それがたった1日で全身にっていったいなんですか??????
っていいたい。かゆくて夜も寝られず。服がすれてもかゆいぃぃぃぃぃぃ。
ぬり薬だけもらって帰ってきました。
飲み薬は飲まんぞぉぉぉぉ。

んで、普段何ごともなくふつうにすごされているみなさまが
とてもとても、はかりしれずうらやましい。
かゆみのない生活ってどんなに幸せか。
噛み締めさせて頂いております。

ねてもさめてもどこかかゆいって。どんちゃんずいぶんがんばっていたのね。
だから今は死んだように寝ているのね。
大丈夫、ママンはこれをしっかりと受け切って抱き参らせて浄化してあげるからね。
岩塩つけるとすーっとかゆみなくなるので、それでがんばる。
ぬりぐすりつけてもすぐかいくなっちゃうんだもん。

それでもいくらか湿疹が出てないお尻と背中とあのあたり。

そこだきゃー死守してもらいたい。
一週間くらいのガマンらしい。

来週の今頃はきっとかいちゃだめ! からかいほうされていることを願って。

では、今日のどんちゃん。
100401_1214~001

きのう、お日様が顔出した時に、どんちゃんを日光浴させました。
うとうとして気持ち良さそうでした。
ママンはうしろで カイカイ踊りをやっていました。

きっとママンの浄化もかねているのでしょう。
旦那さまから1日2リットルの水飲むよう言いつけられて、トイレいきまくりのママンです。
腕を見るたびゴジラ松井の顔が目に浮かびます。

ああ、かきたい。かきむしりたい。って衝動を抑えつつ
心頭滅却する。修行をしているママンでした。

かわいそうと思ったらポチッとなw

お待たせしました!過去日記の続きです。

昔の日記の続きです~
このころは、まだベーコンとか食べていたんですね。
なつかしーww

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こんばんわ、読者のみなさん。
きのうは

ち~ん

と、水で溶いたホットケーキミックスを電子レンジに
入れたところで終わりました。
その続きです。

さて、何ができたと思います?

私もあけてびっくりしました。
お皿一杯にこんもりとできていたのは、なんとなんと

蒸しパンでした。

ほかほかの蒸しパンがこんなに簡単にできるなんて!!

もう頭の中では新作蒸しパンのレシピが炸裂です。
いちごジャムいれていちご蒸しパン
コーヒー入れてモカ蒸しパン
ココアをとろりと流して箸でツツーっとなぞれば
美味しそうなマーブル蒸しパン。
大人のあなたはラム酒とレーズンを入れてラムレーズン蒸しパン。
それとも紅茶にブランデーをたらしたものをまぜて
ブランデー紅茶蒸しパン。

和風でいくならよもぎ摘んできて茹でてすりこぎでごーごーりやって
よもぎ蒸しパン。あんこいれれば小豆蒸しパン。

チーズを小さく切ってちりばめたらところどころトローリチーズの
チーズ蒸しパン。
意外と美味しかった、ベーコンきざんで入れたベーコン蒸しパン。

おいしいっすおいしいっす。もう大はっけーんてなもので

みなさんもぜひぜひ試してみて下さい。

もう、あつあつのほくほく。
ちびちゃん達のおやつに。
ちょっとしたお夜食にもお腹にたまらずぴったりです。
なんせ中身はほとんど空気。
でもいっぱい食べた感じがうれしいお得な一品です。

みなさんのじゅるじゅるが聞こえてきそうです。
さぁ明日早速チャレンジしてみましょう!

斬新な蒸しパンにチャレンジした方の報告
楽しみに待っています。

昔の日記から

今日は、ちょっと六年前の日記が、なんとまだ残っていたので
ちょこっと記念にここにさらしてみようかとw

ーーーーーーーーーーーー
先日・・・東京が大雨に見舞われた時にすいとんを食べようと思いまして
冷蔵庫のあまり野菜など鍋にどどっとぶちこみまして、おつゆを作った
わけです。
さてもちもちのすいとんをいれましょうと小麦粉の入った袋を見たら
小麦粉の袋はほとんどからっぽ。

からっぽって悲しい。
でも、外は滝のような雨と、バリバリガッシャンの雷なのです。
これではいくらおへそを隠しても、おなかまでぬれて、
忍法感電の術でおへそをとられてしまいます。
我が家の太陽であるこの母のおへそがとられるようなことがあったら
一大事じゃありませんか!ママン危うし。大ピンチです。

「こーちゃん小麦粉ないや。うどんでもいい?」

「えーっ。やだー。買ってくればいいじゃん」

何と非道な・・・・
どこで私はこの子の教育を間違えたのでしょうか。
ちょっと車いすということで甘やかしてしまったのでしょうか?

「この雨の中、母に小麦粉を買いにいけと・・・
 買いにいけのいうのですか。うううっ」
  (↑必殺泣きまね)
「しょうがないなぁ、なんかいい方法でつくってよ。」
 
いい方法?いい方法といいましたね。あなた。

「その言葉に後悔はないね?」
「うーん。あぶないけど、ないといっておこう」

さすが息子、だてに19年一緒に暮らしてきてはいないな。

しかし彼は粉で過去辛い思いをしたことがあります。
それは・・・・・おりしも今日のように小麦粉がなかったため
母はある代用品でたこ焼きを作りました。
できあがったものは見かけはとてもおいしそう。
おソースたっぷり、青のりいきいき、かつぶしおどる一皿でした。

「わーいおいしそうじゃん。いっただっきまーす。もぐもぐ」

 
「かぁちゃん。このたこ焼きなんか甘い」
「ああ、小麦粉切らしちゃって、ホットケーキミックスで作ったの。」
「・・・・・・・・・」
「ホットケーキの粉も小麦の粉使っているんだし、見た感じ全然変わらない   んだもの。」

「・・・・」

「こうちゃんいってたじゃない。料理は見かけだって」

「・・・・・・・それちがう。」

親は子供を大いに我慢しなければならない。
が、さらに子供は親を大いに我慢しなければならない。
(高校の校長先生から卒業記念にいただいた本より)

さて、たこやきでひんしゅくかったのは今は昔の過去のこと。
今回は豚汁の話です。
とはいったものの、ほとんど同じ話なんですれどね。

ええ、すいとんをホットケーキミックスで作ってみました。

でも今回は前回と違って焼きではなく茹でなので
ちょっと先行きが怪しい感じです。

まず、ホットケーキミックスにお水を入れて耳たぶより心持ち
柔らかくなるようにこねます。
まぁ、ここまではいい感じ。

お鍋にたっぷりのお湯を湧かしてちょっぴり塩を入れます。
塩が解けたところにすいとんとなるべき固まりを落としてみました。

するとあらららららら。
大きく膨らんで溶けていってしまうではありませんか。
なんとか塊が残ったところで
食べてみるとまんじゅうの皮です。

いくらなんでもこれをいれたら
せっかくの美味しい豚汁が・・・・・・(T-T)になってしまう。

この豚汁を救うにはもはやうどんしかないのです。

まあ息子もなんだかんだいったって、出来上がりが美味しけりゃ
それでオッケーってなものです。

この日の豚汁は、中にうどんをたたえながら食卓へ運ばれていきました。
もちろん完食。
つつがなく平和な夕食が幕を閉じました。
台所で食後の茶わん洗いをしながら
「この水溶きホットケーキミックスどうしましょうかねぇ
 焼いたところでなーんかまんじゅうの皮になりそうだし・・・・」

ええい、ままよ。焼いても茹でてもダメならば
皿に入れて電子レンジでチンしてやる~~~

時間はあたためでいいわい。
何ができるわかんないのに、ラップなんかかけられんわい
そのままそのまま!
(以前にそのままそのままをレンジでやって、中で爆発がおこり
 電子レンジを大掃除するはめになったことをすっかり忘れている)

チーン
さあこの勝負。丁と出るか半と出るか
このお楽しみはまた明日。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。