野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光線治療噐はたぶん無敵w

まずは、5/13の東京大震災回避 
すかしっぺ大作戦及び
スイッチ押しちゃダメだっぺ大作戦成功
おめでとう!!!!
そして、ご協力下さったみなさん東京は無事です。
ありがとうございました m(_ _)m


これもみんなみなさんのおかげです。
おかげさまに感謝感謝です。

さて
今日はシドニーおちんさんから

前から光線の話が出てきてて、1度、そのシステムらや、どうやってママンがそれを知ったかとか、訊いてみたかったの。ぜひ、教えてちょんまげ。

というリクエストがありましたので、ちっとお話ししようと思います。
光線治療とは、アルミで出来たでっかいたこ壷のような入れ物の中で、カーボンというふっとい鉛筆の芯みたいなものを電気を通してスパークさせて、そこででた光を患部に当てて病巣を治すという機械です。
機械そのものはかなりでかく2歳の子供くらいのスペースを取ります。これが難点といえば難点。

koukentou.jpg

正確には可視光線治療といって、戦後現在の西洋ぼったくり医療が入ってくるまでは軍の熱い保護の上民間にも広がっていました。今でも年配の人や東洋医学の治療院など知っている人は愛用している人が多いようです。
有名なのは「コウケントー」と呼ばれているもので、黒田製作所からでているものです。
他にもいろいろありますが基本的には皆同じ。お値段も作りも考えも良心的です。
なんでも壊れても家庭で治すことが出来るように、型をかえずに作りもシンプルにというのをずっと続けておられる会社です。

これで燃やすカーボンですが、これもいろんなところからでています。
でもママンがいろいろ使ってみて、一番なのは第一カーボンのレメディーシリーズ。
純度が高く、燃え方もみごとに安定していますしかすも少ない。ただ種類が5種類と少ない。
ひどかったのは鈴木光線治療研究所のヘルシーレイシリーズ。火花はよく散るわ燃え方が安定せずに光が一定じゃない。これは純度が低い証拠です。なのに2800円くらいします。
コウケントーのカーボンは、一般向けなのでお値段はまぁまぁです。10本はいって2310円。レメディーは2363円。
コウケントーさんのは種類がたいへんあります。
だいたいまぁ5種類あればいいんだけれど、じつはママンは治療院やっていたことがあるから
いろいろと知っていて、病気ごと症状や患部にあわせてピンポイントで治したい時などは、カーポンを使い分けたいのでコウケントーさんのを使っています。

カーボンはわかりやすくいうと、コーケントーさんの場合3001番のカーボンは赤外線のカーボンで治療器の中で一本ずつ電気を通してそれを二本あわせるとスパークして、赤外線が照射されるという仕組みです。
紫外線カーボンもありますので、殺菌なんかもこれでこなせちゃうわけです。

今回のあっくんもママンもビックリなくらい劇的に良くなっていますが、いつも驚かされるのは外科的な怪我です。
ご存知の通りうちの小僧は、先天的な皮膚の代謝異常をもっていて怪我をした場合皮膚の縫合などの外科的処置が出来ません。でもなんだかんだと怪我するんですわ。これがw
その時は光線治療で治します。
これは半端な治り方ではありません。
化膿なんか一発で治してしまいます。

やり方も独特で、どこが痛くてもまずは足の裏から当てます。これ基本です。足の裏に最低10分。
具合の悪さで20分だったり30分だったりします。
ちゃんとやるならこのあとに、すね、ひざ、こし、せなか、くび・・と10分ずつやるのですがだいたいはしょりますw でも関節痛や肩こりはこの通りの方が効きます。

当ててるとどんな気分になるのか?
そりゃもー 適温の露天風呂に入っているがごとく 春先のひなたぼっこしつつこっくりこっくりな気分です。
すんごく気持ち良くなって、まずどんな睡眠障害の人でも寝ちゃいます。
足の裏15分で曝睡します。そしておわってもふにゃふにゃで寝ちゃいます。
この寝ることがじつは大切で、ここでががががーんと治っていくんですよ。
でも終わったあと、必ず水分補給しないといけないので叩き起こして水を飲ませます。
そしておやすみなさーい。
おきる時はほぼ体のわるい部分のたまったお水が、膀胱さまにたまってみなさま尿意にてお目覚めになります。w

ママンはそこそこ治療院もがんばったのですが
指圧や整体という手で治す東洋医療というのは、患者さんの邪気をどうしても吸うんです。
それを治療師の間では、受ける といいます。
針とか電磁治療器なんかを使えばそういことはないんだけれど、やっぱりそれだと技術が泣くっていうかね。
もともとは将来、小僧のことを考えて自宅でできる仕事ということで、資格をとったんだけれども人の邪気を受けすぎて体がしんどくなったのでやめました。
人から受けた邪気というのは、自分でとることが出来ずに別の治療師さんのところにいって定期的にとってもらわないとダメなんです。ママンは未熟者で精神の鍛錬がなってないというかやさしすぎてはね返せないんですね。w
人を助けたいと思って、自分が受けてしまったものをまた別の治療師さんに流すみたいなことやっていたら、なんか邪気をおとなりへ、ハイ、おとなりへ、ハイ、おとなりへ、ハイ、おとなりへってやっているみたいでイヤだったんですね。
人の場合は重すぎるんです。
でも動物ならば、ママンでも浄化することが出来るので、まぁ知る人ぞ知るでいわれればやってあげています。
その時も光線治療器は大活躍です。
だから、どんちゃんのときもすごく自信があったんですね。

なんだかとりとめもなく書いてしまってすみません。
そんなこってす。

あっくんのようすですが、からだをくねくねさせながらも右手を外側に
払い払いして一歩一歩ゆっくりですが 部屋の中を歩けるようになりました。
まだ前足の足首あたりからしたの感覚がないみたいで、足首が内側に曲がったまま床に着けたりしていますが
しっぽの感覚がないみたいでまだだらーんとしています。
なかなかがんばっているあっくんです。
100512_1856~002


おいらなんだかへろへろですよ。
スポンサーサイト

痙攣しながら眠るあっくん

いつもあっくんのおうえんありがとうございます。
あっくんの容態は1日1日







良くなってきておりますっ。
100510_0751~001
このようにして動かない方の足と手を光線治療をしています。
キンモチいいわい~ ってな感じでぐーすか寝るのですが
寝ると体の部分痙攣が始まります。
よく熟睡している猫や人が、手をぴくぴくっと動かしたり眉をぴくぴくっと動かしたりするアレですが
それが、でかいんです。
あたまがんがんふるえたり、体ガクンガクンしたりはじめはもうびっくりで、夜も眠れなかったけれど
そうなっておきるたびに、少しずつ良くなってきています。
いまでは一応横になってただけなのが、起き上がって座れるようになりました。
そして寝たきりしっこ卒業。w
こんどは座りしっこでお尻だけ汚れるかんじです。

こんどは立つことが出来るといいなぁ。

って思っていたら突然立てたり!!

毎日良くなっていくあっくんです。
でもうまく動く時と突然動かなくなるときがあって
いきなりパタンと倒れたりもします。

おトイレもペーパークラフトのおトイレだと沈んでバランス崩してしまうし
いつもお外の垣根の茂みでやっているのでそこでないと出ないみたいで
1日三回から四回そこまでつれていってトイレさせています。
食欲はまずまず。おむつはイヤみたいですw

まずは

ゆっくりのんびりやっていきましょ。

神経がいまいち不安定な今日のあっくんでした。

がんばれあっくん

がんばれあっくん・・・というカテゴリーを
作らなくてはならなくなってしまいました。

じつは、あっくん
100409_1630~001
3日から家に帰ってなくて、ずーっと探していたんです。
ふんどしばあちゃん一家にも手伝ってもらって。
そしていよいよはり紙作ってうちの壁にはろうと、しこしこといちまいいちまいきのうはポスター作って今日からいろんなところにこれ持っていって見なかったかをきくついでに、見えるところにはってもらおうと。
そしたら、けさ「にゃおう~」となさけない声だしながら、帰って来たではいですか!

「あっくんっっ 」

っていって玄関にいってみたら、左の肘でずってる!

いや、ある程度推測はしていたんです。
たぶん、何らかのアクシデントがあって動けないでいるんだと。
「右足がダラーンとしているからこりゃ骨折かな」
とみてみたんだけれど、痛がりもせず腫れてもいないと。

ちょっと歩かせてみると、ダラーン・・・
なんかぶらさがっているだけのような右足になっています。
そして右後足もうごきがヘン。かろうじて動くのですが足が外にのびてしまう。

だらんとなった右足は、むぎゅっとしたり動かしたりしても怒らないし
こりゃ神経がやられてしまったかな。の結論に達しました。

子犬用のおむつをどんちゃん用にかってあったので、それをつけてみたのですがニャーでもなければフーでもない。
いままでのあっくんなら考えられないことです。
これはやばいかもです。

とりあえず、光線治療器をあてて、まずゆっくり休ませることにしました。
腹が減っては戦はできぬ ですものね。

で、光線あてたあと、ちょっと元気になったあっくんは外に出ようとして、ぱたんと倒れてしまいます。
しかたないので、だっこして外に出してひなたぼっこをしました。
やっぱりお日様に当たりたかったのでしょう。そしてちよっと自分でずっていって少し日陰のところにいったり午後いっぱいは夕方までお外にいました。

万が一骨折の場合に備えて、添え木なんかも作っていたのですが

でも、どんなんでもいいんです。
帰ってきてくれたことがうれしくって。
家族みんなで涙してしまいました。
こんな体で、どんなに帰りたかったろう
よくここまで帰ってきてくれたと、ほんとにありがたくて。

足なんか歩けなくったっていいんだよ。
あっくんがいてくれるだけで。

なんだったらあっくん用に車いすだって作ってあげるさ!
そして小僧と並んでお散歩したらいいんだから。

でもね。きっとレビの元気さに挑発されて歩きたくなっちゃう、走りたくなっちゃう
そしたらきっと足は動くよ。
昔みたいにしなやかに走れなくてもきっと歩けるようになる。
がんばれ あっくん!
100508_2239~001


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。