野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガングリオシドの結論

しばらく書き込みをおさぼりしてしまったので
その後のことを書いておきたいと思います。

結果としてはガングリオシドさつまいも作戦は、ガンに関して言えば
そんなに効果はありません。
お腹にガスがたまるわ、力はいるわ
努力したわりにはそんなに効果あがらずでした。
ガングリオシドのドリンクにしても
あとでわかったことですが量が全然足りないのです。
ーーーーーーーーーーーーー
ガングリオシドをどれだけ摂ればいいのか。

道岡教授の研究がさらに深まれば、癌の特効薬の開発もまんざらな夢ではなさそうです。

では、“ガングリオシド”をどれくらいとれば、癌細胞の増殖を抑えられるのでしょうか?

道岡教授の実験では、癌細胞の増殖を抑制するのに必要な量は、体重5グラムあたり27ナノグラム
でした。 この数字から試算すると、体重1キロあたり5400ナノグラムが有効値と考えられます。
ですから体重が50キロある人は理論上、この50倍のガングリオシドを摂取すれば
癌細胞の増殖を抑制することが期待できます。
ちなみに5400ナノグラムは、生サツマイモに換算すると、約3キロに相当します。

これだけのサツマイモを1日で食べるのは容易な事ではありません。
しかし、市販されているガングリオシド入りドリンクを飲めば手軽に摂る事ができるでしょう。
この場合、1日1本ずつ飲み続けて増殖を抑え、癌細胞がなくなれば、後は予防の為に時々飲む程度でいいでしょう。
尚、癌の成りたちは違っても、どの癌でもGM3と言われるガングリオシドの壊れ方は同じなので、
サツマイモガングリオシドは肝臓がん、胃がん、肺がん、子宮がん、乳がんなど、
どんな癌に対しても同じように作用すると道岡教授はおっしゃっています。

http://www.ganglios.net/   より



飲むときの注意点がひとつありました。
道岡教授から言われていたことです。

「毎日欠かさず1本、夜10時以降の空腹時に飲むこと」

それは最も身体への吸収が良い時間帯に摂ってもらうこと。
目的のための最低限摂らなければならない量が
この一本に含まれる”5400ナノグラム”なのだということでした。

http://www.gg-5.net/  より

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これって体重一キロに対して5400ナノグラムなら体重60キロのひとに最低とらなければならないのって

5400×60で324000ナノグラムでないかと思ったりです。
(このガングリオシドドリンクも、一日60本飲まないとダメな計算ですよね!
体重一キロに対して5400ナノグラム必要という事ですから。)

ということは、さつまいも3キロどころか、その60倍。つまりさつまいもを一日180キロ摂らないと
いけないということでした・・・・・・

ほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほほ

お疲れさまでした!!!!
最終的には50日がんばりました。

その後、ジュースをさつまいもから
朝は メロンかスイカとりんごとにんじんのジュース
午後は レタスやパセリ、キャベツなどのグリーンとリンゴとにんじんのジュース
をとり食事は玄米粥、菜っ葉を徹底してみました。
ガスもとれてふつうの一般体質に戻り(w)
下っ腹の違和感も取れて、数値がぐっとよくなりました。
野菜ジュースと玄米菜食! これが一番ガンに効くと思いました。
ただ、無農薬で安全な野菜というのがバカ高で手に入れるのが大変です。
ならば、つくってしまえ!!!
ということで、今はせまいスペースでもしっかり菜っ葉ものが取れる
水耕栽培で自給自足の毎日です。
水耕栽培はこちらがとても参考になります。

いつでもレタス
http://azcji.cocolog-nifty.com/blog/

水耕栽培の実例
http://www.landnp.jp/growingtech.htm#jump1

水耕栽培でうはうは
http://blogs.yahoo.co.jp/suikousaibai_de_uhauha

ペットボトルで簡単栽培
ベランダーのつぶやき
http://www.tetsukaz.com/blog/

ということで、ガングリオシドの挑戦は終了したいと思います。
ありがとうございました。

  m(_ _)m

このつづきは またこんどw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。