野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突然終わる当たり前の日々

きのう、ずーっとこちらのサイトで
メキシコ湾の原油流出の現場の写真を見ていました。

海岸線に広がるルイジアナ州の広大な湿地帯は、かつて野鳥の楽園であり、生き物の宝庫でした。
でも原油が流れ着くと一夜にして魚、ウミガメ、イルカの死骸が打ち上げられ
州の鳥のペリカンが油まみれでのたうち回る地獄のような地と化してしまいました。

slide_6519_96673_large.jpg

たくさんの野鳥の繁殖地としても有名なこの地には、今たくさんのヒナたちが食べる魚もなく
餓死しています。
親鳥はそれでも魚を探し求めて飛び回るのです。
ーーーーーーーーーーー
日本の口蹄疫も大変だけれど、ここのほうがもっともっと大変だと思います。
とってもとっても流れて打ち寄せられてくる原油の固まり。
美しい砂浜がえんえんと油で汚染されて、もはや泳ぐこともできません。

ミシシッピーの河口もひどいことになってしまい、ここで養殖していたエビも全滅。
いつまで流出が続くのか?
終わりのない戦いがここでも繰り広げられています。

ただひとつの救いは、今のところこの石油の除去作業という仕事が土地の人たちに
皮肉にも事故を起こしたBP社から与えられているということ。

でもすごく大変な重労働です。
そして心も体も疲弊する仕事です。
だって未だに原油はものすごい勢いで溢れ出ているんですもの。

こちらは、リアルタイムて゛原油の流出の現場が診られるサイトです。
まるで時計のように数字がどんどんふえていっています。
http://www.pbs.org/newshour/rundown/2010/05/newshour-oil-widget-2-including-spillcam.html

BP社では何でも大量の化学薬品(乳化剤)を使って、流出の量をごまかしているようですが
この化学薬品がとんでもないもののようで、世界中がおおさわぎしています。
日本じゃあまり触れていないけれど。
こちらに詳しくのっています。
http://119110.seesaa.net/article/151478620.html#comment
ふーーーーー
なんだか くそくらえっ って感じです。



あっくんは元気に回復中です。
ちょっと歩き方がおかしいくらいで
一応ジャンプも出来るようになりました。
レビも一緒にうれしそうにはしゃいでいます。

この幸せに感謝しなくっちゃ  ね。

スポンサーサイト
  次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。