野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺伝子組み換えのトウモロコシ反対っっ

ふんどしばあちゃんとこより、緊急拡散依頼来ました!
こんなのコッソリやっていた農水省。
ちょっとまってよ農水省。
ってことで、転載です。
ーーーーーーーーーーーーーーー
4月末日に締め切られる農水省のパブリックコメントの募集(つまり一般からの意見・情報の募集)にこんなのがあるそうです。

遺伝子組換えトウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集(パブリックコメント)について

http://www.maff.go.jp/j/press/syouan/nouan/100330.html

農林水産省及び環境省は、トウモロコシ4件及びワタ1件の遺伝子組換え農作物の隔離ほ場での栽培や、食用又は飼料用のための使用等に関する承認申請を受け、生物多様性への影響に関して学識経験者から意見を聴取しました。その結果、生物多様性への影響がある可能性はないとの意見を得ました。そこで、これら遺伝子組換え農作物を承認するに先立って国民の皆様からの御意見を募集するため、平成22年3月30日(火曜日)から4月30日(金曜日)までの間、パブリックコメントを実施します。
今回のパブリックコメントは今回申請されている遺伝子組み換え植物についての一般圃場での栽培、ハッキリ言えば普通の圃場で、その遺伝子、花粉であったり種子などの拡散を防止しないで、普通に栽培することを認めるか否かの意見の募集だということです。

学識経験者からの意見聴取はすでに終わっており、『問題ない』ということになっています。もしこのままパブリックコメントの募集でも特に大きな反響がないままであればそのまま、日本国内での遺伝子組み換え農作物の栽培が承認されてしまうでしょう!
パブリックコメントという、一般ではあまり知られない形での意見聴取を行ってアリバイ作りをやったうえで、すでに多くの遺伝子組み換え作物の栽培を承認しているそうです。

4月30日明日までというともう時間がありませんが、一人でも多くの声を届けて下さい。

「アグリビジネスの巨人"モンサント"の世界戦略」の紹介(NHK BS)


「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」(1)


「農業関連大手モンサント社の恐怖の収穫」(2)


これも!

みなさんもできたら拡散お願いします。
無理なら意見だけでもご協力下さい。
これ以上ガンの悲劇をおこさないためにも!!!!!!!
スポンサーサイト

コメント

んもぅ、遺伝子組み換えにも腹立つが、農水省のパブリックコメントって、なんだいね、ありゃ。
誰も知らない、誰にも教えないで、民衆の反対意見ありませんですた、承認しまぁす、って手法だよね。
ワタスらなめてんだな、連中は。
ってことで、話は変わるんだが、ママン、どうやって動画をはっつけるのでしょう。教えてちょんまげ。
    URLってのでアドレスを貼ることは覚えますた。動画は?   では、また。おちん。

> ってことで、話は変わるんだが、ママン、どうやって動画をはっつけるのでしょう。教えてちょんまげ。
>     URLってのでアドレスを貼ることは覚えますた。動画は?   

ほほーい。動画の右下とかに埋め込みコードってとこがあるのでそこぽちっとな
出てきてコードコピペで貼付け、ハイオッケー。
詳しくはメッセージ送っといたので読んでケロンパ。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/110-5b1198b4
<< ビル・ライアンの詳細インタビュー その3 | TOP | ビル・ライアンの詳細インタビュー その2 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。