野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビル・ライアンの詳細インタビュー その4

インタビューの続きです。

mistymidoさんのcrazy*3より転載です。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

W: または2012年あたり。その年のどの時点かで。


B: この原稿を読む人がこう尋ねるかもしれません : 『これが、彼らが2005年に話し合っていたことなんですね。でも、この計画が現在でもまだ軌道に乗って順調に進んでいるかどうか、どうやったら分かるんですか?例えば、計画は根本的には変更もなく、またすっかり計画があきらめられたわけでもなく、大きな方向転換も、突然のひらめきもこの計画にはこれまで起こっていない、とどうしてあなたは分かるんですか?』 と。なぜあなたは、この計画がいまだに軌道に乗って順調に進んでいるということをそう確信できるんですか?


W: それは、2005年以来起こった様々なできごとを見ればわかるからです。それが恐らく、最も理路整然としてわかりやすい見方だと思います。いわゆる金融崩壊がすでに起こりました。それは崩壊というものでは全くなかったのですが。それは金融パワーの中央集権化のためだったのです。それはすでに起こりました。特にアメリカ合衆国では確実に起こりました。英国でもそれが起こったことはほとんど確かです。フランスとドイツにおいても起こりました。そうして西側の主要プレーヤー全てが、金融資産を集中化したのです。


B: このことはその会議で話し合われていたのですか?


W: そうです。それ(金融崩壊)がどのようにして起こるかについては、会議のかなりの部分を占めました。この会議がどこで開かれたかをしっかり思いだして下さい・・・それは”ロンドンのシティ”においてでした。ザ・シティこそ世界金融の中心地であることは、疑う余地がありません。


B: つまり、これまでに起こったことすべてが、この計画の彼らの実施展開に沿って起こっているのですか?


W: そうなんです・・・そしてこの種の武力衝突前に準備されるべきことは、すでに全て準備完了している、というわけです。


B: 例えばどんなことですか?何のことを言っているのですか?


W: キーとなる人物は、すでにその権限に就いている、ということを言っているのです。分かりやすい例を話しましょう。このことは、多分ほとんどのイギリス国民も気づいていないことですが、イギリスの民間セキュリティ産業はおよそ500,000人を雇っています。その数は軍隊よりもはるかに多い数です。イギリス軍はそれよりもはるかに少人数で、たったの200,000人ほどです。一方で今この時点で、500,000人の民間セキュリティ会社の人間が職務に就いているのです。


 2005年以前はそれに関する法規はありませんでした。彼らには何も訓練がなされなかったわけです。 その戦力の人びとは一つに統一されることもありませんでした。しかし見えないところで・・・特にイギリスに住む人びとは気付くべきですが・・・ 2001年民間セキュリティ産業法というのが成立したわけです。


 その法律によれば、民間セクターで働く人はみな、特定の訓練を受けなければならないことになっています。彼らはまた警察のチェックを受けなければなりません。そのようなセキュリティ責務の分野で働く人たちの”一般人的感覚の部分”が、警察によるチェックを受けるべきだ、という意味です。


 これらの警察によるチェックでは... どんな個人的なことも明るみに出ます。あなたが犯罪を犯したことがあるかどうかというだけではありません。信じられないかもしれませんが、警察のチェックを受ければ、それはもう詳細にその個人のことがわかるでしょう。


 そしてそのあと訓練があります。この訓練は、市民の衝突をなんとか収めることについてです。衝突が起こったときに何をすべきか、どのようにそれを収拾するか、いかにそれをコントロールするかなどです。彼らは統括された戦力の使い方について教わります。そこから訓練内容はさらに拡大されます。


B: つまり、市民の騒動などをどう扱うかですね。 これは全てそのための段取りなんですね。


W: その通りです。2003年のイラク侵攻のあと起こった抗議を例にとっても分かりますが、ここ英国で、西ヨーロッパでも、そしてアメリカでも起こりましたね。ほとんどは西ヨーロッパで起こったのでした。それはまるでイラクでの戦争に反対する大衆の蜂起のようでした。そんなことはもう二度と起こらないでしょう。二度と。


 セキュリティ産業の人びとは、彼らの任務を遂行するために法的に権限を強化される必要がある、なぜなら彼らは資産を守る仕事をこれからもするからです。彼らの本来の仕事です。そして、セキュリティ産業連合ですが、たった今の時点でも、彼らはすでに与えられてきた権限に上乗せしてさらなる権限の強化を求め、そして与えられつつあるのです。彼らはすでに市民環境において、法的に行動する認可を受けているのです。


 イギリス民間セキュリティ産業だけの話ではありません。”民間強制執行役人”と呼ばれる人たちもそうです。例えば駐車場警備員などのような職務のことです。またコミュニティ警察役人、彼らは警察がその職務を遂行する手助けをする人たちで、彼らはその任務遂行が効率よく行うために必要な責任とそれ相応の権限を与えられつつあります。例えば人びとを逮捕する権限、人びとを拘留する権限、といった意味です。そうしたことがこれから起こるのです。


B: これは西側の諸国で一様に起こっているのでしょうか?


W: そうです、他の西側諸国でも既に起こっています。例えばフランス、ドイツなどです。そこでは数種類の警察部隊が一つになって働いています。それはぱっと見て”彼らは警察官です”とすぐに言えるような、統一された警察ではないでしょう。彼らは別々の機関に所属している人たちでしょう。しかし同時に、これらの人たちはみな似たような権限を持っているのです。


 そのようなイギリス民間セキュリティ産業に与えられた様々な権限は、今ではイギリスだけでなく、すでにアメリカ国内にも存在します。そしてアメリカ・モデルがここイギリスでも基本的に使われているのです。


B: なるほど。ここでその詳細に入る前に、我々はタイムラインのことを話していましたよね・・・その情報は5年も前に出席した会議での話なのに、どうして今でもまだ計画された道筋上を進んでいる、とあなたは確信できるんですか?と誰かがあなたに質問したら、どうお答えになりますか?...というところでした。



W: いまでは、5年前になるんですね。


B: ええおよそ5年ですね。


W: そうですね、私に言えることはこれだけですビル。みなさんとにかく私が話した内容を受け入れて下さい。そしてその情報がピンときた人は誰でも・・・ここで語られた話の信ぴょう性はそのときその人たちによって確かめられうるでしょう、もし彼らが確かめたいと思うなら。


B: そうですね。



W: 全てのことが隠されているわけではありません。彼らだって全てのことを隠したりはできません。だから彼らは自分たちもパズルの断片をつなぎ合わせていくとき、それ全体がとても信ぴょう性の高いものになる、ということがわかるでしょう。


B: そうですね。それは本当にとても信ぴょう性が高い話だと認めざるをえません。酔いから覚まされるような、人をまじめにさせる話です。我々の会話のスタート時点であなたはこう言われましたね、これは私の意訳ですが... これは彼らの観点からみれば、時間との競争なのだ、とあなたは言いました。なぜですか?


W: 次の2~3年は、たくさんのことが起こってくるでしょう。それらは全て”権限、権力”と関係することがらです。それらのいくつかは、正直言って、私にはよくは理解できませんが。しかし私の理解の範囲で推測して、今、陰から大きな影響力を行使する、ということがかなり行われています。基本的には数百年と言わず数千年にわたり社会の大部分をコントロールしてきた人たちのことです。彼らはこのままその支配が続くように願っているのです。その支配を続けるために”一連のできごと”が操作され創出されてきたのです。これまでの話は、おそらく彼らの計画の第一部にあたります。


 そういうわけで、私たちは現在、この戦争へと向かって進んでいるわけです。そのあと... それが、いつ始まるのか、タイムスケールを提示することはできないのですが... ”地球物理学的できごと”が起こるでしょう。それはすべての人に影響を及ぼすことになるでしょう。


 そのときまでには、我々は一つの核戦争と生物兵器戦争をくぐり抜けています。地球人口はもしこれらの戦争が起こったなら大幅に減少することでしょう。そしてこの”地球物理学的できごと”が起こるときにこれを生き残る人びとは、おそらくまたその半分になるでしょう。これで生き残った人たちは、次の時代へ入っていく地球とその生き残った人口を誰が支配するかのかを、決めることになるでしょう。


 ここで話しているのは、地殻大変動後の時代のことです。誰が全てを掌握することになるでしょうか?誰が支配者となるでしょうか?という話です。だからこそ、彼らは”これらの一連のできごと”を定められたタイム・フレーム内で起こそうと絶望的なまでに必死になっているのです。そうしなければ、彼らは支配の座を失ってしまうでしょうから。


B: なるほど。ここであえて反論させてください。それについてあなたの立場から、それも軍でのかなり深い知識と経験を持ち、軍隊式の考え方に精通されているあなたの立場から、ご意見をお願いします。戦争、全体主義的政府の確立、恐怖の創出など、もしも本当に大きな”地球物理学的できごと”が起こるのなら、なぜ”これらのできごと”を起こすことが必要なのですか?地殻大変動で社会インフラはさらに崩壊するでしょうし、結果として世界中で大多数の死者、あらゆる種類の非常事態が起こるでしょう。地震、津波、神のみぞ知るですが。その大変動だけでもほとんどの国で戒厳令と非常事態宣言を発令するのに十分な正当的理由となるはずです。その同じ連中はその種の非常事態において、いとも簡単に権力行使を正当化できるでしょうに。なのになぜ、このシナリオに戦争が含まれるんですか、そこのところが理解できないのですが。


W: 別の角度からも見ないといけないのではと思います。地殻大変動のあと、社会を維持する構造というものはほとんど、あるいは全く存在しなくなるでしょう。もし社会構造がなくなったのであれば、また元のように社会構造を取り戻さないといけないわけです。


 この”来たるべきできごと”をくぐり抜け生き延びる前の問題として、ある新たな社会構造を その大変動が起こる”前に”創っておく必要があるのです・・・そのできごとが終わったあと、再び両足でしっかりと大地を踏みしめることができるように。そのまま権力にとどまり、以前に享受していた権力を再び行使できるために。


B: つまり、大変動への実際的な準備として社会基盤の決定的重要部分を強化するため、という正当化なんですね。その社会基盤の最も重要な部分というのは、これまでの文民政治時代には権限をあまり持たなかった部分のことですね。そういうことですね。


W: その通りです。次のことについては、他の人たち同様、個人的見解からしか言えないのですが、彼らは今、一つにまとまって行動せざるを得ないのだろう、という感じがします。かなり直観的にそう思うのですが。彼らは権力基盤を適切な配置に整える必要があるのだろう、という感じです。それを可能とするための唯一の方法は、例えば地域紛争などを創出することなのです。


 誰でも歴史を振り返ってみると分かります。すべての戦争はある目的を達成してきました。苦悩に加え、延々と続く人類の苦悩のほかに、戦争はいつもある目的を達成してきました。その目的は常に勝者の側にありました。私たちはこの全体主義的政権を今想定していますが、私たちの住む世界はいずれにしても既に全体主義的社会なんです。私たちは民主主義というものを元々持っていない、という意味です。このことに誰も文句を言う権利はありません。これは既にずっと私たちの手の届かない、私たちの権利を超えるところで、ずっとそのように決められてきたことなんです。


 でも私たちはそのことを気にしていません、いわば。本当に気にしてないのです。しかし”彼ら”は気にします。彼らの権力にとっては問題となのです。それが唯一”民主主義”について考えられることでしょう。あなたも、そういうやり方で事を操作する人たちの中に入り親しくなれば、彼らがしようとしていること、彼らはなぜそれを今しているのか、なぜ彼らはこの終盤戦をコントロールし、その最後には無傷のまま権力の座にとどまりたいと必死なのかを理解できるでしょう。なぜならこの地殻大変動はサバイバルなものになるからです。


B: これがいつ起こるか何か目安はありますか?あなたが言っていることから想像すると、これらは2012年にも何かが起こるのを想定しているように聞えますが。それは2012年のできごとなのですか?


W: いいえ、これは2012年12月21日を中心に起こるわけではありません。私は2012年12月21日に何が起こるのかは知りません。


 そのあたりでは何か別のことが起こるのではないか、という強い疑念を私は持っています。それも多分、みんなにとってすばらしい何かが起こるのではないかと。本当に私は何も知りません。しかしそのころの我々は、ある期間続くことになる戦争のただ中にいることは確かです。そして2012年より数年あとに、この”地球物理学的できごと”が起こることになるだろう、と推測するのです。それは私の生きているうちに起こるでしょう。


B: なるほど。では”一連のできごと”の展開について、私にフィードバックさせてください。まず、核ミサイルの応酬、そして停戦、それから生物兵器の使用... これはかなりの大混乱を実際引き起こす結果となる。人類がすべてを立て直すのに一世代かかるほどの破壊をもたらすだろうと。それらのことが起こっている間に、一連の非常事態に対応するため、また秩序の再建のために、ある種の厳格な全体主義的社会構造が設置されなければならなくなるだろう、と。 それからそのどこかの時点で、大きな”地球物理学的できごと”が起こることになっている、と。しかし、その変動は今すぐにでも起こるかもしれない、と。それで正しいですか?


W: 正しいです。その通りです。


B: 彼らは”このできごと”がいつ起こるか知っていると思いますか?それとも、それは”いつかそのうち”に起こることになっている、と彼らは考えているのでしょうか?


W: そう、彼らはそれがいつ起こることになっているのかを、よく分かっていると思います。私はいつ起こるのかは知りません。しかし私のこの強い感じによると、私の生きている間に起こることになるだろう、つまり20年以内に起こるだろうと思います。多分もっと手前に戻すこともできます。つまり今から10年以内、または今から5年以内かもしれないというふうに。


B: なるほど。


W: しかし、私は本当に知らないのです。知り得たら、と願います。私もぜひ知りたいのですがしかし、我々は今、この”地球物理学的できごと”が今にも起こりそうな時期にすでに突入しています。というのも、これが最後に起こった11,500年前から経過した時の長さを考えたとき、そう言えます。それは 11,500年ごとにサイクル的に起こるのです。そして今がちょうど再びその時期なのです。


B: そうですね。



W: どの程度このイベントが地球に影響を及ぼすのか、私たちはただ想像するのみです。これらの人の間で広く認識されている”このできごと”に備えて、不測事態対応プランも現在設定されているところです。彼らはそれが起こることになっている、ということをきちんと理解しています。それが起こることになるという、ある確実性の高い情報を持っているのです。彼らならいつごろ起こるかというタイムフレームを持っているかもしれません。多分彼らはタイムフレームを持っているように見えます。このことは再び私の個人的な感想でしかないのですが・・・彼らがいつ起こるかを知らない、というのは信じがたいことです。つまり、世界最高の頭脳の持ち主たちがこの件を調査しているわけですから。そうでしょう?だから彼らはこのことについて全てを知っているのですよ、そして、私は知らないのですが。


B: このことは、”その会議”で話し合われたのですか?


W: いいえ、それは表だっては討議されませんでした。しかし、”その会議”でどんなふうに話し合われたのかを私に概説させてください。


 イランは今から18カ月以内に攻撃される可能性があります。中国はイランを援護するために出てくるでしょう。彼ら自身の利益を保護するためにも。そして核兵器がイランまたは中国によって使用されるでしょう。そこでは、イスラエルが、相手に核兵器を最初に使用させるよう、相手を挑発するでしょう。中東のほとんどが荒廃するでしょう。数百万人がかなり短い期間に亡くなるでしょう。そしてこのとき、なぜなのかは私にはわかりませんが、中国は停戦ラインを拡大するために、力ずくでロシアの一部へと入って行くでしょう。それゆえ、生物兵器が中国に対して用いられることになるでしょう。そして中国は”風邪をひく”ことになるでしょう。

 私の理解では、ある種類の”悪意のある地球外生命体”との提携が、過去50年間の間、英国、アメリカ、他の西側主要国これには日本も含みますが、それらの国との間で結ばれてきた、ということです。


 ”悪意のある地球外生命体”との提携というとき、それはブラック・プロジェクト関係における提携の話です。これはかなり以前から進行中のテクノロジーの交換のことです。ですからそこには地球外生命体との関わり合いがあるのですが、私はその関わり合いのことを十分には説明できません。


 また私が理解するところでは、もっと人道的で利他的な”善意の地球外生命体たち”がおり、彼らはこのタイムライン計画に対し、その一連のできごとが起こるのを防ごうと働いています。彼らは直接介入をすることなしに、おぼつかないながらも、なんとか状況のバランスを維持してくれています。しかし私は、これについても十分に説明することができません。しかしこれだけは確かな直観的な感じなのですが、この”善意のETたち”の努力はなんとかうまくいっているようだ、ということ、そして私の経験の他の側面からもこのことが確信をもって言えるのですが....それはまた別の話になります。


 ここで言いたいことは、西側主要国は”完璧な戦争”というものを模索しているのです・・・20世紀の間を通して現時点までずっと、彼らはそうしてきました。なぜならこのタイムラインの起源はずっと前までさかのぼるからです。つまり数十年または何百年もの間、このタイムラインが使われ続けているのです。


 このタイムラインを私がこれまで数回は聞いた”ある事”と結び付けることは非常に重要だと思います。それはアングロサクソン・ミッションと呼ばれます。これをこの話に結び付けることはとても重要だと感じています。これまでに私はそれを話さなかったと思うので、今これを聞きとある人たちはピンとくるかもしれません。


B: そのフレーズを前に聞いたことがあります。話を脱線させたくないのですが、その言葉に対する私の中のアラーム信号は・・・それがなぜ アングロサクソン・ミッション と呼ばれるかという理由は、基本的にその計画が中国人を抹消し、そうすることによって、地殻変動ののちに物事が再び立て直されるときには、他の民族はそこにはいなくて、世界を立て直し新しい地球を受け継ぐのはアングルサクソン民族となるようにする、という理由からだ、ということをあなたの話から実際やっと本当に理解し始めています。そして、それはぞっとするようなものです。これは正しいですか?


W: それが正しいかどうかは、私は本当にわかりません。しかし、あなたの今述べたことに同意したいと思います。少なくとも20世紀の間中、そして19世紀や18世紀にさえさかのぼりますが、この世界の歴史は圧倒的に西洋によって、そして北半球の国々によって運営されてきました。その他の国も試みましたが失敗に終わっています。


 第一次世界大戦と第二次世界大戦は、操作され作り上げられた戦争であったといって間違いないと思います。私もそれには確信があります。それらの戦争は、彼らが現在の位置へと辿り着く足がかりとして使われたのです。どんな歴史家も言うでしょう、もしそのこと が起こってなかったら、このこと は起こっていなかっただろう、と。我々は国連も持っていなかっただろうし、アメリカ合衆国がそんなに短期間で超大国になることもなかったでしょう。アメリカは戦争の4年間のあいだに超大国になったのです。そしてその結果、彼らは核兵器を持つに至ったのでした。


 私は思うのですが、人びとはこれを個人の議題としてしっかり受け止めなければいけないと思います。西側諸国がこの世界で圧倒的支配者になるのは時間の問題です。それは疑問の余地がありません。


B: そのタイムラインについて回顧的に振り返ってみると、ある時点からは目前の木だけを見て森全体は見えないとしても、何世代にも渡る一種の長期的戦略をここに見ることができるでしょう。


W: それが人間の本質です。それは人びとの本質です。本当に。我々は自分の人生を家族や親しい友たちとともにただ生きて、そして出来る限りよく生きようとベストを尽くすだけです。頭を胸壁の上に突き出して、世界でほんとうは 何が起こっているのかをぐるっと見渡してみることは滅多にありません。我々は残念ながら、そうするのがあまり得意とは言えないようです。


 わたしがその良い例です。私はずいぶん多くのことに関わってきましたが、私は頭を垂れ、ただ自分のすることを黙々とし、何が起こっているのかを見ないようにしてきました。とうとう何が起こっているかについて一言言わないではいられなくなるまで、恐らく潜在意識的に私は起こっていることを否定していたのです。


B: わかります。私の個人的な感想なんですが、あなたがしたような経験を背負って生きていくのはとても大変なのではないでしょうか。このような会話がなされる会議に臨席して、しかもそこで話されているのは想像上のことではないと知りながら聞いていたわけですから。あなたは彼らがこのことを話したり、それについて笑ったりしているのを実際に聞いていたんですから。


W: ええ、そうです、それはとても形式張らない会議でした。彼らは非常にくつろいでこのことを話し合っていたのです。


 どうやったら彼らのことをこれ以上うまく言い表せるでしょうか。彼らの体からは”権力”の雰囲気がにじみ出ています。彼らは他人に恐れを抱かせます。彼らは服従を要求します。神に許されて彼らはそれを実際手にしているのです。彼らは独特の”もの言い”によって 英国国会をはじめ、ワシントン、ベルリン、またはパリの、いわゆる選挙で選ばれた代表による政府に、命令を出しているのです。これらの人びとはそういう類いの権力と何やらそれ以上のすごい雰囲気を全身からにじみ出させているのです。


 彼らに接する人たちはみな、彼らのこうした独特の性格に出くわしてきたのは確かです。彼らの体には、”思いやりのある態度”というものはありません。彼らはスピリチュアルな人間的暖かみというものには共鳴しません。彼らは冷淡で、計算的です。”彼らの口の中ではバターも溶けないだろう”というフレーズを使うことがここでも一般的に共通しています。

ーーーーーー転載ここまでーーーーーーーーーー

話しはコロッと変わりますが
野菜が高騰しています。
そこでちょこっといいアイデアを伝授させてください。
先日、大根とカブを買いまして、上の葉っぱのところすこーし残して
根のところもすこーし残して、上の葉っぱを育てて食べられないかとやってみたんです。

そしたら、元気な葉っぱ出てきました!
これ、お皿に水をいれたものにつけておいてもいいのですが、やがては腐ってしまうので
できればイチゴのパックでもいいので、そこに100円ショップの土でも入れてうめてあげるといいです。
ネットで調べたらそのうち花芽が出てきて花が咲くそうですが、それまで葉っぱをすこしずつもいで食べられるそうです。花が咲くと種をつけてかれてしまうそうです。
ちょこっとの間だけかもしれませんが、きっとその頃には野菜も安くなっているかなってwww

ちなみにカブの葉っぱなら塩揉みしてシラスと混ぜたりとか浅漬けに。大根の葉っぱはおつゆの中に入れたり油揚げと一緒に酒、醤油で炒めたりするとおいしく食べられます。
みなさんもひとつ、やってみそしる!!
根付きのネギとか三つ葉もいけますぞ!
根っこがついているやつは、なんでも植えて増やして食べよー。
ポイントは、根っこはちゃんと残しとく。です!

ではまたつづきを~
スポンサーサイト

コメント

記事の転載ありがとうございます。
うれしいです。
奴らがどうしてこんなに手の込み入ったことをわざわざやっているのか私も疑問でした。
どうしても、どうしても裸の王様でもいいから、
支配したい、ブッシュが911の後に演じた失態なんかは繰り返さずに、私たちが自主的に被支配層になってくれるように、仕向けている感じです。
そうでないと、奴らの計画も成り立たない。
「はい、どうぞどうぞ。」私達はダチョウクラブです。(笑)でも、私たちも被支配の役なんてやりたくないので、思いどうりにはならない。
そういう話だと思います。
mistymdoさん

こんにちは。mistymdoさんのサイトには、ふんどしばあちゃんのところから時々のぞかせて頂いておりました。このたびの記事はすごいことです。
やらせはせん、やらせはせん。ですよね。
ママンも人間強く思えば思いは現実になるって知っていますから
絶対に奴らのもくろみは崩れると思っています。
実際アイスランドの火山の噴火で、やつらの精密機器は使用不能になっちゃったのではって最近のハープの動きを見て思っています。
やつらの最終の安住の地としていたヨーロッパも、火山の被害でどうなることやらってとこですものね。ただ、まきぞえになってしまった一般のみなさんにはとてもお気の毒だと思っています。特に熱い火山灰で牧草が焼けてしまって食べ物がなくなってしまった畜産動物たち。飲む水もなく、倒れるしかない状況でとてもつらいです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/113-192806d2
<< ビル・ライアンの詳細インタビュー最終回(玉蔵先生情報つき) | TOP | ビル・ライアンの詳細インタビュー その3 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。