野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

油田流出ルイジアナの惨状

こんにちは。
最近ずっとメキシコ湾の原油流出事故の環境汚染を追ってきたのですが
ケムトレイル気象操作掲示板でこんなのを見つけました。
さっそく拡散させて頂きます。



これ、何の煙かと思ったら海上で流れた原油燃やしているんですね。
海も見渡す限りの油です。



これをみると繁殖中の野鳥たちも・・・・
彼らは自分の体を宙に浮かせるために、体の中に食べ物をためておくことが出来ないために
常にちょこまかと小魚を食べていないとならない。
この湿地帯だったらいつでももぐれば小魚にありつけただろうに
油が流れてきてお魚が死んでしまっては、どうしようもありません。
またちょうど繁殖期に当たり、うまれたばかりの子供もいたのでは他にすみかを移すこともできません。
巣立ったばかりの子供ではそんなに遠くに飛ぶこともできないと思うけれども
少しでも内陸へ逃げて、上流のきれいな川にいる小魚にありつけるように願ってやみません。

一番不幸なのは海に住む生き物たちです。
お魚はもちろんのことイルカやクジラ、カニやエビさんごやヒトデ、クラゲやタコ貝に至るまで

ほんの少し前の美しかったこの海をみると、現地の人たちの悲しみと怒りがどのほどのものか思わずにはいられません。
今年は口蹄疫のことも含めて、人災によってなんてたくさんの動物が消えていく年なんだろう。

もうこれ以上はたくさんです。

(でも原油の流出は止まらずに、どんどん広がっているんだよね。
石油は地球の血液。血管に大きな穴開けたら地球も怒ります。あったりまえです )

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/128-7c3e0aff
<< 日本があぶない | TOP | 突然終わる当たり前の日々 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。