野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある人の日記から

ウィーン在住の友達の日記から転載です。

ーーーーーーーーーーー
このブログをお読みの皆さん(きっと少ないと思いますが)、ときどきエロコメントをのせる人。

おばちゃんはこの地にも中国人の友人はいます。個人的にはいい人たちです。


しかし、この地で生活基盤を持ったら

「親よぶ」
「子供呼ぶ」
「家族全員よぶ」
と言っています。

すでに家族と一緒に暮らしている中国人の知り合いもいます。彼らは合法なやり方でここに住んでいます。

しかし、裏組織を通じてこの地にきた中国人の知り合いもいます。彼らは合法的にこの地に住めないので、他人の保険証を借りて、他人の住民登録をかりています。彼らは合法的に永遠に住めません。影の人のままです。ちなみに誰一人おばちゃんに「貸して」といってきた中国人はいません。幸いなことです(貸さないけど)。尚、かれらは皆中国の家族にお金を送っています。

皆さん考えてください。

自分の国に問題なければ、どうしてこの地に家族をそこまでよびたがるのですか。

夜の間移動して歩いてまでわざわざこの地に密入国する必要があるのですか。

そんな中国人をあっせんしようとする民主党にはあきれています。

ニッポンはゴミ箱ではありません。

おばちゃんの話はうそではありません。

彼らは個人的に付き合えばいい人たちです。

一度もおばちゃんに、身分を借りようと画策はしてきたことはありません。

でも、ニッポンが中国人だらけになるのは反対です。

差別している、とおっしゃる人もいるかもしれません。

現実と理想は違います。

なぜならば、おばちゃんに「身分貸して」と言ってきた場合、おばちゃんがどうでるのか向こうも警戒しているのです。

おばちゃんの身分を借りようとした瞬間に、おばちゃんは平気で警察に言うでしょう。

おばちゃんは、冷たい人かもしれません。

彼らの「食指」が時折見え隠れするのです。

中国人という民族をひとくくりにしてしまうと、そのような民族です。

気をつけてください。

ーーーーーーーーーーー

ママンも民主の政権をやめさせたいけれども
どうにもなんないんだもの


ふぇぇぇーん
スポンサーサイト

コメント

シドニーに来てる中国人は、その殆どが大金持ち。理由は、賄賂で私腹肥やしたから。
みんな中国を棄てるために、賄賂もらって、脱出するんだよね。それほどに中国という国は、国民を不幸にする国なんだね。

しかも、戸籍をもらえないヘイハイズがもう億を超えてる数いるらしい。

中国も困ってるんだね。だから、日本に押し付けようとしてる。で、民主はそれを引き受けたくて仕方ない。

もう、民主は中国に移住してまったらええのに。中国の片隅で、中国のために働けばええのに、とこっちのおばちゃんは思いますた。

ウィーンのおばちゃんとおんなじこと、感じます。おちん。
こんにちは。

2週間ほど畑を探しに田舎へ行ってました。
そのときに聞いた話です。

うちの県にはAPUアジア太平洋国際大学というアジア人を多く受け入れている立命館系(←ココがまた非常にアジアと関係が深いみたいで・・)の大学から、教授と学生がしょっちゅう市を通してコネクション取ってくることがわかりました。
ものすごく嫌~な予感がします。
前にこの大学の事務員から、「多数入学してもすぐに退学して行方不明になる」と聞いていました。
大学側は追加で新入生を受け入れるだけなので追加で入学金が入るので嬉しい悲鳴だとか。
冗談ではありません。

そこは空気も水もとっても綺麗な別世界の田舎。
市は過疎すぎて(限界過疎地)空き家も空き地もたくさんあり、市としては外国人であろうと日本人であろうと、とにかく移住してほしいようなのです。
周りは年寄りばかり。
美しい土地も二束三文。
奪い取るのはたやすいです。
大量に移民してきそうで近い将来を悲観しました。
市の人たちは何にも知らないのです。
あまりにも危機感がなさすぎて腹が立つやら悲しいやら・・・・
> 周りは年寄りばかり。
> 美しい土地も二束三文。
> 奪い取るのはたやすいです。
> 大量に移民してきそうで近い将来を悲観しました。
> 市の人たちは何にも知らないのです。
> あまりにも危機感がなさすぎて腹が立つやら悲しいやら・・・・

そういう土地に私たちのようなちゃんとした情報をもっている人たちが
一人でも多くいってあげないといけませんね。
今回の選挙では、中韓の人間が日本を我がものにしようとしていることが
そして民主党がそれをあからさまに支援していることが明るみに出ました。
そこから巣立った若者たちが、いい歳になってふるさとが危ないって気がついて
少しでもふるさとを助けに立ち上がってくれるといいと思います。

そうだ! とかいのニートの諸君!
田舎を助けに立ち上がろう!!
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/134-ef5263a8
<< おおおーっと一ヶ月もサボタージュしてしまった | TOP | これからの日本 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。