野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

戸籍廃止は国民のルーツを消し去る事

最近、国会から目が離せなくなりました。
なぜかというと、日本をおとしめるような悪法が
次から次にでてきて、それを通そうとする鳩ぽっぽ軍団がいるからです。



みなさんは、「ルーツ」というドラマを覚えているでしょうか?
確か、アフリカの黒人のドラマだったと思うのですが、当時自分のルーツを探してみよう
というのが流行りました。
ママンもご多分に漏れず、自分のルーツをたどりました。
自分はいったいどこからきたのか?
これを知るのに一番簡単なのは、親に聞いたり田舎のおばあちゃんやおじいちゃんに
聞いたりすることなのですが、それ以上になるとなかなかたどる事はできません。
それにちょうど多感な十代の頃でしたので、ひとりでこそっとやりたかった。
そこでいろいろ考えて、戸籍を取り寄せてたどってみようと考えました。
はじめ、戸籍というものがイマイチどういうものなのかわからなかったのですが
地元の区役所で、自分の戸籍を取り寄せてみたら父の出生記録母の出生記録が書かれていて
「これをたどればルーツがわかる!」
と小躍りして喜びました。そして戸籍係の人から地方の役場から戸籍をとる方法を教わって
ひとつひとつ自分の先祖をさかのぼる心の旅に出ました。

今はどうかわかりませんが、当時は戸籍謄本を何に使うかと戸籍の人と自分の関係
そして、送ってもらうぶんの切手と封筒、そして戸籍の書類代金分の郵便小為替を
おくると、田舎の役場からちゃんと戸籍謄本が送られてきました。
そこには、どこそこにいたひいおじいちゃんの第何子であるおじいちゃんと
どこそこにいたもうひとりのひいおじいちゃんの第何子であるおばあちゃんが
いついつどこそこで結婚して、その後どこで子供が生まれたとか、その子が死んでしまったとか
嫁に行ったとかが克明に記されていました。
そして、その一代前のひいひいじいちゃんまで遡ることができました。
さらにそのひいひいじいちゃんの先は、そこのお墓のお寺の過去帳にてもっと
遡る事ができました。

そこでママンが思ったのは、戸籍はご先祖様の一人一人の人生だということです。
送られてきた戸籍を手にして、どんなにありがたいと思ったか知れません。
なんと日本の現行の戸籍制度では、本人が亡くなってからも80年も保管してくれて
いると聞きました。
普段なかなか使わない戸籍ですが、この隠れた制度は私たちの大切な
歴史をきちんきちんと記録してくれていていつでも閲覧できるのです。
このようなすばらしい制度をなくしてしまおうとかしている今の政府って
とどのつまりは何がしたいのか?
私たちの歴史、私たちの文化を消してしまいたいのか?
なんて思ってしまう今日のママンでした。


機会があったらみなさんも、戸籍でルーツを探してみてはいかがでしょう?
ご先祖の皆さんがとても身近に感じて、思わず手を合わせたくなります。
そして、今いる自分にありがとうって、とうさんやかあさんに素直にありがとうって
いいたくなります。

生きているってすばらしいって思えると思います。
スポンサーサイト

コメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
> ママン様
> はじめまして。うららと申します。ブログ読ませていただきました。
> 実は親戚の人が乳癌で左乳房とリンパ節を取りました。リンパ節12個の5個に転移がみつかったそうです。本人は科学療法、放射線療法も拒否しています。
> 乳癌にサツマイモジュースはやってみる価値があるでしょうか。すすめてみようと思っています。続くかどうかわかりませんが。

はじめまして、うららさん。
さつまいもジュースでは、おなかにガスがたまりおならがプップとでるだけで
良くとならないと思います。
でも、さつまいもジュースですら続くかどうかわからない。というのであれば
正直言ってお話しになりません。
そこから命を勝ち取るには、それ以上にたいへんなことを毎日続けなければなりません。
ママンもいろんな人から相談を受け、それなりにアドバイスをしているのですが
だいたいご家族の方が、そこまでできませんという言葉が返ってきてしまいます。
実際、ママンがやった方法ですが

朝起きたら、まずメロンとニンジンとりんごのジュースを手回しジューサーでしぼって200mlほど飲む。ジューサーは普通のジューサーでもミキサーでもダメです。
栄養素や酵素がちゃんと生きているものを頂くためです。
どうしても電動でという事ならば、生き生き酵素君 というジューサーがあります。
朝のジュースが終わったならばその後2時間おきを目安に、レタスとにんじんとりんごのジュースを飲みます。レタスは丸いものでなく、白菜のようなかたちをしているローメインレタスやサンチェを使います。(うちではローメインレタスが高価なため、サンチェを水耕栽培にして株を残して葉っぱをそのつど収穫しジュースにして飲んでいました。)そのジュースを一日2リットルになるように飲みます。とにかく忙しいです、しょっちゅうジュースをしぼっていないといけませんし、(野菜を短冊に切ってないとダメ)ジュースは絞りたてを飲まないと野菜の力が亡くなってしまいますからね。そして、午前に一度、夜に一度、コーヒー浣腸をします。これで肝臓の機能を高めてあげます。コーヒーはドリップで入れたものを無糖にして3倍にうすめて、その人にもよりますが、700ccほど作って入れれば良いと思います。
食事は食べられるならば玄米粥を。でもだいたいがいつもジュースでお腹かぽかぽで入らないと思います。そんなもので栄養が足りるのか?というと足ります。この方法で、体の余分なものを徹底的におしっこにして流して体質改善を図ります。
必要最小限のものしか体に与えないでおくと、体は勝手に自浄作用を起こしてガンも消えていくのではと思います。まぁちょっと食べないと体に良くないというヘンな常識をうえこまれて病気への道をただひたすらに歩き続けている、一般の人にはちょっと理解してもらえないかもしれませんが。
これを毎日毎日ひたすら続けると、まず体が楽になります。
軽くなりますし、ちょっと霊的に敏感になるかもしれません。
あと、小さな幸せを喜ぶクセを付ける事も大切です。それに自分は絶対治る。
治って{やったぁ!!}と喜んでいるイメージを常に持つこと。そしてその時の感情を繰り返し持つ事。(つまり脳内にドーパミンをあふれさせていい気持ちになる事)
やがて食への欲望が薄らいだ頃にはガンが小さくなっていると思います。

あと大切な事ですが、死に対して「それもよし」くらいに思っとく事です。
死なんて、たいした事ないですから。
それよりも、死に対して恐怖を膨らまして痛いんじゃないか、苦しいんじゃないかって
思う方がずっと体に悪いし、時間の無駄です。
いまそこにあるものから、何を学び取ってこれるか?
これがすべてなんじゃないかなってママンは思います。
最悪のピンチは、最高のチャンスです。

ただ、それをやれる環境を与えられているか?
そうでないか?という点ではママンは何とも言えません。
それは、ご家族の協力なしではできないことだからです。
うららさんが気をつけなければならないのは、それをしないからご親戚のご家族が
薄情だと思ったり、強制したりしないことです。うららさんが疲れてしまうからです。
(よく、ママンの相談者の方もこの件で、ご家族とケンカになったりしていました。)
その人の家にはそれぞれの事情があるという事もちゃんと理解してあげてくださいね。
ママンはたまたま、これができた環境にいた。というだけですから。

ご親戚のご健闘をお祈りいたします。


ママン様
こんばんは! 今、帰りました。
詳しいアドヴァイス有り難うございました。
>必要最小限のものしか体に与えないでおくと、体は勝手に自浄作用を起こしてガンも消えていくのではと思います。
この言葉には実感がこもっているように思います。
野口整体の本にも癌ではないのですが、風邪は物を食べないと治るといった事が書いてあったと思います。免疫力との関係でしょうか...
親戚の人には教えていただいた事を言ってみます。
本当に有り難うございました。

                  感謝をこめて...   うらら

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/70-a64f479c
<< 昔の日記から | TOP | 人権法案に、なぜ、メディアは沈黙したのか? 4 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。