野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さつまいもジュースだけでガンは治りません

突然ですが、私のブログを読んで
さつまいもジュースはガンに効く。と思われた読者の方が
おられましたので、もう一度確認の意味で書かせて頂きますが
私がやりました、さつまいものジュースを3kg毎日しぼって飲んだ実験では
ガンが良くなる事はありませんでした。
さつまいものジュースは、作るのが大変難しく手回しのハンドジューサーでは
繊維が多すぎて、ハンドルが回りません。
そこでどうしてもおろし金ですってから布に包んで絞り出すという作業をするのですが
さつまいもというものは、すったり切ったりするとすぐに色が変わり劣化が早い野菜なのです。
つまりおいしい状態で飲もうとするとかなり手早く、一本すったらすぐしぼって飲むようにしないといけません。
それでも時間が経つと色が濁りアクが出てきてしまいます。
毎日中ぐらいのもの一本ぐらいを飲むのであれば、まぁ体にはいいかもしれませんが
3kgやりますと、しょっちゅう芋をすって飲んでないといけないこにくわえて
かなりのガスが出ます。
お買い物に行って、レジで並んでいようが、エレベーターに乗っていようが、エスカレーターに乗っていようが関係なくヤツはやってきます。ガマンするとさらにおなかがふくれてきて次のガスは量が倍ならガマンも効かず大爆音間違いなしです。
音無にするには、両手でなにげなくお尻の穴をひろげ気味にすればよいのですが、外でとれるポーズではありません。ママンでさえ、外でプップしていた時は
「生きていてごめんなさい。こんなでごめんなさい。」状態でしたから。

というか、さつまいも3kgのジュースではガングリオシドは足りないのです。
これは体重一キロに対してさつまいも3kgなのです。
体重60kgの人ならさつまいも180kgです。これを一日でなんてまず無理です。
それに気がつかずに、50日続けていたママンがただのアホだっただけで
これをまねしてみようとか、考えてはいけません。
勧めてもいけません。

コメントにも書きましたがここでももう一度書いておきます。

実際、ママンがやった方法ですが

朝起きたら、まずメロンとニンジンとりんごのジュースを手回しジューサーでしぼって200mlほど飲む。ジューサーは普通のジューサーでもミキサーでもダメです。
栄養素や酵素がちゃんと生きているものを頂くためです。
どうしても電動でという事ならば、生き生き酵素君 というジューサーがあります。
朝のジュースが終わったならばその後2時間おきを目安に、レタスとにんじんとりんごのジュースを飲みます。レタスは丸いものでなく、白菜のようなかたちをしているローメインレタスやサンチェを使います。(うちではローメインレタスが高価なため、サンチェを水耕栽培にして株を残して葉っぱをそのつど収穫しジュースにして飲んでいました。)そのジュースを一日2リットルになるように飲みます。とにかく忙しいです、しょっちゅうジュースをしぼっていないといけませんし、(野菜を短冊に切ってないとダメ)ジュースは絞りたてを飲まないと野菜の力が亡くなってしまいますからね。そして、午前に一度、夜に一度、コーヒー浣腸をします。これで肝臓の機能を高めてあげます。コーヒーはドリップで入れたものを無糖にして3倍にうすめて、その人にもよりますが、700ccほど作って入れれば良いと思います。
食事は食べられるならば玄米粥を。でもだいたいがいつもジュースでお腹かぽかぽで入らないと思います。そんなもので栄養が足りるのか?というと足ります。この方法で、体の余分なものを徹底的におしっこにして流して体質改善を図ります。 魚は少々食べてもいいですが肉は食べません。
必要最小限のものしか体に与えないでおくと、体は勝手に自浄作用を起こしてガンも消えていくのではと思います。まぁちょっと食べないと体に良くないというヘンな常識をうえこまれて病気への道をただひたすらに歩き続けている、一般の人にはちょっと理解してもらえないかもしれませんが。
これを毎日毎日ひたすら続けると、まず体が楽になります。
軽くなりますし、ちょっと霊的に敏感になるかもしれません。
あと、小さな幸せを喜ぶクセを付ける事も大切です。それに自分は絶対治る。
治って{やったぁ!!}と喜んでいるイメージを常に持つこと。そしてその時の感情を繰り返し持つ事。(つまり脳内にドーパミンをあふれさせていい気持ちになる事)
やがて食への欲望が薄らいだ頃にはガンが小さくなっていると思います。

あと大切な事ですが、死に対して「それもよし」くらいに思っとく事です。
死なんて、たいした事ないですから。
それよりも、死に対して恐怖を膨らまして痛いんじゃないか、苦しいんじゃないかって
思う方がずっと体に悪いし、時間の無駄です。
いまそこにあるものから、何を学び取ってこれるか?
これがすべてなんじゃないかなってママンは思います。
こんな感じで、やっているうちにガンが消えてしまいました。

でもこれは、本当に大変な事で、絶対に家族の全面協力が必要です。
家族総出で戦うと言った感じでした。
今でも量は減りましたがジュースは続けています。
やろうと思う方はやってみる価値はあると思います。

それに付け加えて言うと、今ではジュースの他に
ぷるぷる健康法というのをやっています。
これはなかなか簡単ですぐできて、効果が高くてお勧めです。

明日は前回の続きを書きますね。
スポンサーサイト

コメント

こんばんは。
ツイッターでご挨拶した者です。

電動ではだめなのですか・・・(既に購入ずみ)
手動のジューサーもいろいろありますが、どれがお薦めでしょうか?

> ツイッターでご挨拶した者です。
あっ どうもです。ぺこりぺこり

> 電動ではだめなのですか・・・(既に購入ずみ)
電動でも低速回転ジューサーならOKです。
そうでないやつだと栄養素が壊れてしまうんだそうです。

> 手動のジューサーもいろいろありますが、どれがお薦めでしょうか?
安いんですよ~。
うちのはこれです。
http://item.rakuten.co.jp/your-shop/000000005653/
そこが吸盤になっていて、がっちりつくので回す時もらくらくの優れものです。
洗うのも電動よりすーっと安全で簡単です。
ただ、かたいもので大きく切ってあると力がいるので、にんじんなどの繊維の多いかたい野菜はこまかめに切ると良いと思います。
これならこまめにさくさくっとジュースを作れますよ!
お返事ありがとうございます!すごいお安いんですね。
手動の機械ってたくさん種類があって迷ってたんです。^^

母が肝臓ガンなので、ジュースを作ってやるのですが、刻むのが大変ですよね。
ゲルソン療法を薦める医師の本で知った、大きな電動ジューサーを既に購入済みで・・(汗)
野菜の投入口が大きく、太い人参を丸ごと絞れるので便利なんですけど…高速です。
手動に買い換えようかしら。

カフェコロンもやってみたいけど、自分で見えない部分なので怖くて怖くて・・・
腸をキズつけたりすることはないんでしょうか・・・?
でもこれで腫瘍マーカーが下がった末期ガンの知り合いがいます。
> お返事ありがとうございます!すごいお安いんですね。
でしょう?
壊れても気軽に変え変えられるみたいな。(爆
> 手動の機械ってたくさん種類があって迷ってたんです。^^
>
> 母が肝臓ガンなので、ジュースを作ってやるのですが、刻むのが大変ですよね。
> ゲルソン療法を薦める医師の本で知った、大きな電動ジューサーを既に購入済みで・・(汗)
> 野菜の投入口が大きく、太い人参を丸ごと絞れるので便利なんですけど…高速です。

ママンは、実家にいた頃に父が親戚にガンが多いため、自分もきっとがんで死ぬみたいなこといっていたものだから、まだ手動のジューサーのことを知らない頃(昭和55年頃w)最新式の電動ジューサーを買って父に野菜ジュースのませていたんですが、電動だと出すのに場所をとって大変なことと、後片付けのジューサーを洗う作業なんかが大変。そして音が大きいことなんかで続きませんでした。
後片付けで、中のカッターを外して洗うんですが、今ではそうでもないのですがガンと戦っている時って尖ったものするどいものをてにするのは苦痛でした。あと大きな音がするのもなんかひびくんです患部に。そして痛みを呼んでしまうみたいな。
> 手動に買い換えようかしら。
刻む手間があっても、手動の方をお勧めします。
野菜刻むときに使う包丁も鋭い刃物ですが、使い慣れている包丁ですし
なんか安心感があって、電動のカッターに比べれば全然辛くなかったです。

>
> カフェコロンもやってみたいけど、自分で見えない部分なので怖くて怖くて・・・
> 腸をキズつけたりすることはないんでしょうか・・・?
差し込むところの管が、柔らかいシリコンなので傷つけることはないと思います。
ちょっとクリームなんかをぬってつるるるんと入れて。
はじめはうはぁーって感じで、ちょっとまったぁぁぁ! で えへへへ。ですが慣れると簡単です。むしろクセになります。
ほんとにスッキリ!!です。
> でもこれで腫瘍マーカーが下がった末期ガンの知り合いがいます。
肝臓がんでしたら、特にお勧めです。
かなり肝臓の負担をへらしてくれますから。
お肌もきれいになります。ほんと白くなります。
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/72-91c2f3aa
<< ガンと戦う事について | TOP | 昔の日記から >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。