野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

簡易トイレの作り方

こんにちは、先週は少しハープが騒ぎすぎというくらいに騒いでいたので、万が一に備えて我が家で作った簡易トイレの作り方をご紹介したいと思います。
まず、このようなタイプのお風呂椅子
"を購入します。

まぁ、ふつうのお風呂椅子の、背の高ーいバージョンです。
これにも、真ん中に丸い穴があいていますので、この穴を大きくします。
大きくするのにはママンは半田ごてで、溶かして大きくしてしきました。
なぜなら、溶かすと切った部分が丸くなってお尻が切れる心配もないし、すわったときに穴のあたりが優しいからです。
そして、いざ使うときには、そこにスーパーでくれるレジ袋をセットします。
万が一もれちゃうとアレなので二重にするといいかもしれません。
(それでも不安という人は、業務スーパーやホームセンターなどで手提げポリ袋を買いましょう。NO45のサイズがちょうどいい大きさです。手提げなしではどうかというと、手提げがないと中にブツが入ると滑っておちやすいのです。ママンが実験済みで手提げを推薦していますから手提げを使いましょう。そうでないと悲しい思いをするでしょうw)
用が済んだら、袋ごとはずして、しっかり結んであとはその時々に応じて指定のところに捨てるなりすると良いと思います。もちろんトイレ用のお尻ふく紙を忘れてはいけません。
これだと軽くて持ち運びもらくちん。
こっそりと物陰にもっていって、そこらへんにおちているベニヤ板をちょっとお借りしてバリケードを作って見えないようにして、青空トイレです。
雨が降っても、雨の当たらない人影の少ないところに持っていって、ふぅ・・と一息つけるわけです。

阪神大震災のときに、何に困ったときくとトイレという答えが多かったようです。
避難所のトイレも長蛇の列。またタンクも次第に満タンになっていろいろと大変だったようです。

こういうときには特に自宅療養の病人や、おトイレの近いお年寄りなどはストレスがたまりやすいものです。
できるだけ、このような簡易トイレを作って排泄のストレスをなくしてあげるのはいいことだとママンは思います。

あと、トイレと言えばこういうことも頭に入れておきましょう。
災害時は避難所などのトイレを利用するときに、お尻を拭いた紙を流さずにゴミとして燃やすなどの工夫をするとタンクの満タンをすこし先延ばしにすることが出来るとおもいます。
ほんとはおしっことブツを別々にすると、もっと効率が良くなるかもなーんて。

それと
ソーラークッキング。これ知っていた方がいいです。
パラボラ式は高いかもしれませんが、なかなかの優れものですし、箱形は簡単に作れます。
どんなに気温が低かろうが、太陽さえかんかんに照ってれば三時間でパンが焼けます。これが不思議なんですが太陽の光を集めて焼いたパンって、普通の倍の時間ぐらいいつまでもホカホカなんです。冷めるのが遅いというのではなくて、ホカホカくらい冷めるといつまでもホカホカしている感じです。
ママンはこの四角いタイプを作って持っています。ソーラーオープンといわれるものです。
(うっっ半日かかって作ったものが
ここで2880円で売っているぅぅ。このお値段は良心的!しかーしママンのやつはもっと大きいので普通のフライパンもすっぽり入るのさっっっww)
あと簡単でとっても安くできる、ソーラークッカー。
solar07.jpg
これなら100円ショップでガスのアルミガード二枚かって、一枚を切って下にひくものにして、あとはアルミテープでそれに切っていないアルミガードを立てて円形状にしてくつけるだけです。
ポイントはお日様にあてて、まぶしいくらいの明るい光が一カ所に集まるようにガードを円形状にすること。
五分もあれば出来ちゃいます。
あとは、アルミ缶をコップみたいに切ってまわりを黒くぬっておきます。
黒っぽい金属かホーローの細長い入れ物でもオッケー。お茶っ葉入れの缶でもいいです。
そこに洗ったお芋とか、お水とかいれて大きなペットポトルを半分に切って、それをおおうようにふたをします。
ここのポイントはこのペットボトルをなかの入れ物に触れさせないこと。触れると熱で溶けます。
なかの量にもよりますけれど、だいたい一時間ぐらいでお湯が沸きます。(もっとはやいかもw)
お芋はさつまいも一本三時間もあればホクホクです。

え?時間が長すぎるって?  んもー災害時こそスローライフを満喫する絶好のチャンスじゃないですか。
エコはスローなんですよ。
でも、この太陽でわかしたお湯のおいしいことまろやかなこと。
一度このお湯飲んだら、きっと忘れられない味です。
ちょっと大きめのソーラーオーブン作って、黒いやかんに水入れて朝に中においておくといつの間にかお湯が沸いてますから午後のお茶には、お日様でわかしたおいしいお湯を使えます。
これなんかも、体にとてもいいような気がします。
お日様のパワーがお湯にしみこんでるというか。ほんわりにまにまと元気になるんです。
この機会に一つ作ってみてください。
詳しい作り方はこちらが参考になります。
うちは家族一人に一つずつ作ってあります。
震災時に、暖かい飲み物が飲めるってちょっとうれしいですよね。
また、この湯冷ましもまろやかでおいしいのですよ。お日様パワー恐るべしです。


簡単ソーラークッカーなら子供たちでも作って楽しめるので、ひとつやらせてみては?
太陽の力を体をもって体験させるいい機会です。
光を集めると高熱になるということも含めて、正しい使い方も学べると思います。多少の怪我や失敗は学習学習。
人生は大人も子供も学習、学習 です。


ブロとものふんどしばぁちゃんや 金玉先生のために
ママンも文字を大きくしてみました。

じつはママンもこのくらいのほうが・・・ムニャムニャw


追記
ああ・・・なんだかいじくっていたら、文字が青になってしまって
もうなにがなんだか。
みにくかったらごめんなさーい。
スポンサーサイト

コメント

さっそく、やかんを黒く塗って、アルミで囲いを作って試してみます。

すんごい情報、ありがとうございますた。
シドニーおちんさんへ

あうあうあう。ちゃんとアルミを半円形にして、太陽へ向けておいて光を一点に集めてそこにやかんがくるようにするんですよ~。
だいじょうぶなかぁ・・・・。ちょっと不安ですw
ママンさま

ふんどしばあちゃんのとこに出入りしている、深いふかい森です(ばあちゃんには森さんと呼ばれてます)。

やっていることが、ものごっつい肝っ玉かあちゃん的なのに、しなやかに生きているママンさんすごいです。3歳までしか生きられない難病のこどもを25歳まで育て、ガンを消し去り…

そのうえ、ソーラークッカー!(って論点ずれてますが)確かばあちゃんもお孫さんにソーラークッカー製のパンを食べたら、いつまでもお腹が空かなかったとか…。森の中でも、もう少し暖かくなってきたら(そしてお天気が良くなってきたら)是非やってみようと思います。

あぁぁー、そんなことをいいたかったんじゃなくて、ママンさんのしなやかな肝っ玉ぶりに脱帽です。

森の中 拝
こんにちは~森の中さん
コメントありがとうございます。
> ふんどしばあちゃんのとこに出入りしている、深いふかい森です(ばあちゃんには森さんと呼ばれてます)。
ママンはおにぎりさんと呼ばれていますw

>
> やっていることが、ものごっつい肝っ玉かあちゃん的なのに、しなやかに生きているママンさんすごいです。3歳までしか生きられない難病のこどもを25歳まで育て、ガンを消し去り…
>
いえいえ、その時は一生懸命でふりむいたらそうなっていただけなんです。
> そのうえ、ソーラークッカー!(って論点ずれてますが)確かばあちゃんもお孫さんにソーラークッカー製のパンを食べたら、いつまでもお腹が空かなかったとか…。森の中でも、もう少し暖かくなってきたら(そしてお天気が良くなってきたら)是非やってみようと思います。
>
あっそれいいですよ。
ただ、まわりが木ですから必ずそばについているようにしてやるようにしてください。
なにげに立てかけておいたソーラークッカーでタイヤ溶かしてパンクさせたりすることがあるようです。やる時はこえかけてください。
注意事項とかママンの失敗談とか書きますから!
> あぁぁー、そんなことをいいたかったんじゃなくて、ママンさんのしなやかな肝っ玉ぶりに脱帽です。

ありがとうございます。
みなさんの元気になれたらうれしいです。
あとなんでもやればできちゃうって思ってチャレンジしてくれたらうれしいです。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/76-2aa6a0f7
<< ママンの恐怖や不安の克服法 | TOP | お待たせしました!過去日記の続きです。 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。