野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんちゃん新しい旅立ちへ

うちの「おかげさま」のどんちゃんですが
本日、朝6時20分 最後までおかげさまを背負いきって永眠いたしました。
うちにきて9日目の朝でした。

おとといまで、順調に回復していたのですが、実はおとといの夜に今まで段ボールの中にホッカイロを二つ入れて底から保温と上からはハロゲンヒーターで保温をしていたのです。それを知り合いよりペット用ホットカーペットを頂き、それに合わせた大きさの発泡スチロールにベットを変えたところ、ホットカーペットの温度が予想以上に低く、おまけにその夜はハロゲンも撤去してしまったので、低体温を呼んでしまいました。
また、ベットが大きくなったことで隅で寝ていたもののきっと寒かったに違いありません。
きのうの朝より、飲む水の量もへり、食欲がなくなっていきました。
すぐにあたたかくするようにハロゲンをつけて保温をしたのですが、時既におそしでどんどん容態は悪化。
ゆうべのごはんはモンプチ舌平目のテリーヌを高級プリンカップに半分でした。
それでも半分は食べたので、なんとか元気になってくれるかも思っていたのですが、その後昏睡状態が続いて起きた時に水を飲むものの、水のカップに顔突っ込んだまま寝てしまうという状態。
時々意識がふっと抜けてしまうらしく、日付が変わる頃には水も飲まなくなりました。

今まではというと、3時間おきに水、小さめの高級プリンカップに猫缶を入れてそれをE水でひたひたにしたものをゆっくりと食べて、食事が終わるとおトイレに移動させて、ちっちをさせていました。
このおトイレへの移動がどんちゃんはきらいで、箱に戻してくれーと文句を言っていました。
トイレでははじめ黙っているのですが、出る時に「でちゃうよでちゃうよたいへんだよ!」と言わんばかりに鳴きました。鳴き声は ひぇえーん ひぇえーん とかすれ声でなく子でした。
この三時間トイレ介護が、ママンの負担になるということと、どんちゃんがトイレいやがると言うことで4日くらい前からおむつを箱の底にひいてそのままちっちOKタイプに変更しました。
たぶん、それも体をさらに冷やすことになったのではと思います。
ママンの配慮がたりませんでした。
はじめのままのどんがまるまると隙間が少しだけで切るくらいのお気に入りの箱で、ホッカイロ&ハロゲンで続けていればもう少し楽しい時間がすごせたかと思います。
でも、どんは白血病をもっていてすぐ貧血を起こしてふらふらする体でした。
ママンは獣医助手をやっていたことがあるので、それはすぐにわかりました。鼻や唇の色が既に白く病状がすすんでいると思われました。さらに手足に潰瘍があり、痛々しかったです。
浅い箱の中に入れても、「まっててね。」というとずーっとちゃんとすわって待っている猫でした。
皮膚病持ちのためにいつもはユニットバスがどんの部屋でした。
お風呂に入るたびに、壁まできっちりママンがふいて乾燥させてから、どんを移動させていました。

ママンがどんべやにいくと、すぐ起きてよくお話ししてくれました。
おはようどん 調子はどう?
ひぇひぇーん ひぇーん
ごはんたべるかな?
ひぇひぇーん
おみずおかわりはする?
ひぇーん

毛繕いしていても頭を振るとその勢いで倒れちゃう。

歩いてみようとするけれど、ふらついてたおれちゃう。

痩せ方もはんぱでなかったどん。

旦那さまもほんとうは、どうせ死ぬなら屋根のあるところで ということでつれてきたといっていました。
一時期はこんなに元気になるなんてなぁ。よかったなぁ。
おむつだってかまわないよ。どんはどんくさいけどいい子だからさ。
顔がすごくよくなったなぁ、ちゃんと毛も生えてきているよママン。

ゆうべから昏睡状態になってママンは11時から1時間、光線治療できののりすを照射して2時まで寝てそのあとそばにいました。照射した後は少しお水を自力で飲んだのですが、自力で飲んだのはそれが最後でした。
それ以降は意識が飛ぶのが多くなりました。

きのうの夕方6時以降おしっこも出なくなっていました。ママンはそれが怖かった。

ママンがどんを最初の段ボールのままにしておけば、もう3日か5日くらいは元気でいられたかもしれなかった。
ごめんね。どん。

でも、どんがうちにいた8日間はとても幸せだったと思う。
だれもさわってくれなかっただろうその顔に頭に、ママンはいっぱいほおづりしたよね。
どんはとっても喜んで、ごっちんごっちんしてきたね。
ご機嫌のときはよこごっちんしてあまえてきたね。
どんったらゴロゴロ言うと全身にふるえが伝わるからママンは寒いのかと思っちゃったよ。

きみはほんとうにたくさんたくさんお話しして、最後なんて声になってなくてね。
でもきみのありがとうはいっぱいいっぱい聞こえたよ。
きみは死ぬのがとっても怖かったから、ずっと手をにぎってあげたよ。
ずっと頭をなでてあげてたよ。
痙攣がはじまってもしっかりにぎって 心配ないよ、怖くないよ。大丈夫。おかあさんついてあげてるから。
主人もいっしょについてあげてるから。

痙攣が終わると声なき声でありがといっていたね。
ちゃんと約束したのおぼえているかな?
今度くる時は道草しないでまっすぐおいで。ママンのところにまっすぐおいで。
家族みんなで待っているから
そしてこんどは元気な体で、いしょにまたひなたぼっこしよう。

何回かの痙攣のあと
きみは大きく体をのばして、そのあとゆっくり目をつぶった。
手をにぎっているママンの腕にその顔を静かにおいて旅立っていった。

なんだかとっても安心した死に顔だね。ママン。きっととっても幸せだったんだよ。
って旦那さまがいった。

短い間だったけれど、ママンは幸せだった。
どんがいて幸せだった。
お話好きなどん。お刺身食べて感激して涙流したどん。
ころころうんちをでるでるでるーって鳴きながら落としたどん。

きっと君の一生は、うちですごした8日間だったんだね。

ありがとう!
そして安らかに・・・

100403_0801~001


どんが大好きだったピンクのかけものにくるまれて。



みなさんにお願いです。もし飼っていたペットが皮膚病になってもどうか捨てないでいてあげてください。
いまは皮膚病は獣医さんに連れて行けば、2度か三度の注射できれいサッパリ治るそうです。
どんは飼い猫でした。たぶん他の病気のこともあったことでしょう。
でもできることならば、最後までめんどう見てあげてほしいと思いました。

どんはやさしい子でした。捨てた飼い主をほんの少しも恨んだりしていないほんとうにやさしい子でした。
ママンはそんなどんの気持ちが切なすぎちゃうんです。

どんちゃんへの応援、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

どんちゃんはママンの家に辿り着けてよかったね。
どんちゃんにとって最初で最後の幸せな8日間とちょっと。
長生きすればいいってもんじゃない、どんな人と一緒
にどんな時間を過ごせたのかがきっと大事な事だと思う。
動物にも植物にも人にも、いつもいつも優しいママン、
ありがとうね。
はじめまして、いつも素晴らしいブログを読ませていただきありがとうございます。

どんちゃん、本当に本当にたっくさん愛されて幸せな猫ちゃんですね。
可愛くて可愛くて…可愛いです。なんて純真無垢なんでしょう、本当に愛しいです。頑張りましたね。
おにぎりママンさん、精いっぱいの愛情を注ぎながらの看病、お疲れ様でした。
私も痙攣を起こした老猫を励ましながら見送った事があるので、思いだして涙が…。

短い時間だけど、どんちゃんはきっと一生分の愛情を注いでもらえたから、お空に行けたのだと思いますよ。
とあるブログさん情報ですが、私たち人間が動物に愛情を注げば注ぐほど、その魂は向上できるのだそうです。
おにぎりママンさんのされたことが私にもできるかと聞かれたら無理なんじゃないかと思います。
それくらい、すごいです!感動しました。

そうそう、私の父からの情報ですが、ホットカーペットって日本ではとても普及してますけど本当はとってもとっても体に悪いものなのだそうです。
(父も薬の害にもとても詳しく、薬は飲まない人です)
こうして私が僭越ながらもおにぎりママンさんへこの情報をお伝えできるのも、どんちゃんのおかげですね。
本当に本当に、可愛くて優しい猫ちゃんですね。

私事になりますが、息子が持っている病気の事での選択であれこれ悩んでいたのですが、
おにぎりママンさんの息子さんの記事で自分の直感を信じてみよう…ととても勇気をもらいました、ありがとうございます。

どうぞどうぞ、ゆっくり体を休めてくださいね。
> どんちゃんはママンの家に辿り着けてよかったね。
> どんちゃんにとって最初で最後の幸せな8日間とちょっと。
> 長生きすればいいってもんじゃない、どんな人と一緒
> にどんな時間を過ごせたのかがきっと大事な事だと思う。
> 動物にも植物にも人にも、いつもいつも優しいママン、
> ありがとうね。

この8日間は濃かったよ。
もうせいいっぱいやってあげられたし、どんはとっても幸せそうだったよ。
岩塩のお風呂にいれてあげてたときも、とっても気持ちがよさそうでうっとりしていたもんね。小さなタオルで体をやさしくクリクリしてあげるとゴロゴロしていたよ。
かたまっていた黒くて厚い皮膚がぽろぽろとれて、あっという間に真っ黒になるんだけれどぽろぽろとれたあとは赤むくれだけれどつるつる皮膚になっていて毛がどんどん生えてたっけ。
乾かすのにね、ドライヤー使うと熱かったり風が怖かったりするからタオルでよーくふいてハロゲンヒーターでゆっくり乾燥させてやれって旦那さんいうもんだから、そうしてあげていたりして。ゆっくりあたたかな時間をすごしていったと思う。
意識のある時の最後に旦那さんに渾身の力を出して、立ち上がって手にごっちんしたのには泣けちゃいました。ごっちんはどんがだいすきだよーって甘えるときによくやる動作でした。
>めんぼうさんへ
はじめまして、おいでいただき感謝です。

> 短い時間だけど、どんちゃんはきっと一生分の愛情を注いでもらえたから、お空に行けたのだと思いますよ。

冷たい雨の中で、ドロドロになりながら駐車場のトラックの下をふらふら歩いては倒れ、おきあがってはまた倒れしていたようです。もう助からないと思った旦那さまがせめて最後は屋根のあるところで・・と思ってうちにつれてきたそうです。
臭くて汚いドロドロのどん。きっとまわりの人たちに助けてあげたいけれどもきちゃなすぎるな存在だったと思います。がりがりで目も見えてなくてではお世話のしようがなかったかなって。
> とあるブログさん情報ですが、私たち人間が動物に愛情を注げば注ぐほど、その魂は向上できるのだそうです。

うわーい。それはすばらしいです!

> おにぎりママンさんのされたことが私にもできるかと聞かれたら無理なんじゃないかと思います。
> それくらい、すごいです!感動しました。

いやいや。おかげさまのお世話をさせていただいたので、それだけで幸せでした。
過酷なほど燃え上がるママンだったりです!

>
> そうそう、私の父からの情報ですが、ホットカーペットって日本ではとても普及してますけど本当はとってもとっても体に悪いものなのだそうです。

うんうん。ほんとはそうなんですよね。電磁波がものすごいし喉も乾きますしね。

> (父も薬の害にもとても詳しく、薬は飲まない人です)
すてきなお父様に乾杯です。v-275

> 私事になりますが、息子が持っている病気の事での選択であれこれ悩んでいたのですが、
> おにぎりママンさんの息子さんの記事で自分の直感を信じてみよう…ととても勇気をもらいました、ありがとうございます。

いえいえ、やっぱり直感って大切です。
ママンはおかあさんこそ子供にとって最高の医者であると思っています。

がんばっていきましょう。
涙がとまりません。
でも、冷たい中でびしょびしょになって最後を迎えることなく、暖かいところで最後を迎えることができてよかったね。たくさんの優しさに包まれてよかったね。

おにぎりママンさんに会えて、ほんとによかったね。

シドニーおちん。
数年前に巨大犬を老衰で見送りますた。
やはり最期は皮膚病に苦しみますた。
今でもちょくちょく、あいつはどこにおるんだろう、と、思うことがあります。
今度は、もう少し小さな犬になって、またワタスの前に戻っておいでと、思い出すたびに言います。

するとね、フワッとあいつの匂いがすんです。

そのたびに、そろそろ再会できるのかなぁ、と期待します。

おにぎりママンさん、ありがとね。
おちん、今、泣きながら文字打ちしてます。
どんちゃん、よかったなぁ。
あんたは幸せだよ。ほんとに幸せだ。こんなに愛されてな。

おちん、今、鼻かみますたが、まだ涙が止まりません。

ので、ここで失礼すます。

         ママンさん、どんちゃん、旦那様、 ありがとうございますた。 おちん。
シドニーおちんさん
ありがとうございます。
涙は心の汗。たまにはたくさん出して心をかるくしてみましょ。なんて。
どんの物語最後まで楽しんでってくださいね。

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/89-bf067142
<< どんの物語  プロローグ | TOP | これはすごい!! >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。