野菜ジュースと玄米粥でガン撲滅に成功したママンが、おまけの人生でみんなに伝えたい事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どんの物語  3月30日

ボクのことお世話してくれるママンさんの手。
あたたかさはかわらないけれど、やわらかかった手触りが
がさがさになっちゃった。

他の猫ちゃんたちにうつさないように
ボクのお世話のたびに、消毒しているからだよね。

ごめんね。ママンさん




ここのところ、ママンさんは夜11時すぎと明け方の4時過ぎとおじちゃんが出かけたあとの8時ちかくと、お昼の12時30分。におむつを取り替えて、お水とごはんをもってきてくれます。
お昼過ぎはお風呂の時間。1時からお風呂に入ってかわかして、光線治療であったまっては3時くらいまで。
そのころおじちゃんはお仕事から帰ってきて、お風呂に入るのでボクは午後は居間にいられて、ちょっと他の猫さんたちにあうことができます。

ボクにぜんぜん無関心なのは、歯なしの小夏ばあちゃん。もう15歳なのにとてもげんき。
外面がよくて、いくひといくひとに声かけて甘えるからまわりのひとからはイイコイイコいわれているくせして、家の中では魚はぬすむ、天上近くでゲロをはく。
たまに甘えると思ったら顔の近くでくしゃみ連発して、鼻水とばしまくる。新聞読んでれば上にのって邪魔をする。お刺身あげないでいると箸ではさんだやつをたたいておとしてくわえてく。うっかり買い物してきた魚類そのままにしておくと必ず食っとる!!っ 失礼千万のいじわるばあさんねこだとママンさんがいっていたよ。
好きなものは納豆で、食べた後糸でそこらじゅうべとべとにしちゃうからやなんだって。
ママンさんはボクだけじゃなくてたいへんだ。

ここの家のボスのあっくんは、大きくて貫禄があってりっぱです。
100409_1630~001


でもみーこさんという猫に弱いんだって。
みーこさんはちょっとつやっぽいおねえさんねこ。レビの教育係。
img20080310112344_20100410110445.jpg

あっくんはみーこさんがすき。

いいなぁ。ボクも元気になったらレビちゃんとデートしたいなぁ
でも、レビちゃんもてるんだって。
近くのマイケル君っていう猫が、もうレビ見るとまわり見えなくなってほわわわわーんってふらふらいなかせらよってくるんだって。そうするとあっくんにおこられてぼこぼこにされちゃうんだって。
でも遠くからいつもみていて、目が合うとぽわわわわーんになっちゃって分けわかんない行動しちゃうんだよってママンさんがいっていたよ。

ボクは同じお家に住んでいるから、なんだかとってもよかったかもです。

そんなこと思いながら、ベットの中からみんなをながめていました。
そういえば、ボク前ほどちゃんと座っていられなくなっちゃって、ふらふらするので今はよく横になってるの。
毛はよくなっているんだけど。

ごはんもちゃんと食べているんだけどなぁ。

ママンさんはおじちゃんの命令で水仕事のときはゴム手袋することになりました。
早くよくなってほしいです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://ganglioside.blog56.fc2.com/tb.php/96-a247a948
<< どんの物語  3月31日 | TOP | どんの物語  3月29日 >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。